FC2ブログ

コネチカットでトルコ料理



まる一日以上、雨が降り続いていたコネチカット・コーストです。
ハリケーンになりそこねたカチュアのせいですね。。。

RIMG1149.jpg

昨晩ほぼ一晩中、雷が鳴っていて、「今度は雷で停電するのでは」
なんて、いらぬ心配までしていましたが、朝まで残った雨も
昼頃には上がって、あとはこの青空。。。。

『秋空』なんでしょうね。。。。
今の季節は「秋茄子」がおいしい・・・という言葉をふいに
思いだしてしまったので、本日は「秋茄子」のお料理にしました。
停電」の時に、出かけた地中海レストランのムサカがとても
気に入ってしまったので、今回はそれ。。。

RIMG0001_20110909113819.jpg

地中海料理には、ナスを使ったものが多いので、今回は
世界3大料理のひとつ、トルコ料理から「ムサカ」。
ムサカ」と言うと、ギリシアのミートソースやチーズと層にして
焼いた料理が有名ですが、これは1920年代に一料理人に作られた
「政策的料理」・・・当時小アジアの一国と位置づけられていた
ギリシアが、脱アジア入ヨーロッパを目指したものです。
ギリシア人は、アジアと見られる事がそうとう嫌だったらしい。。。

トルコムサカは、層になりません。
皮を剥いた米ナスを細かく切って、トロっとなるまで炒めます。
今回は、旨みを出すために玉葱、ひき肉を一緒に炒めていますが
ひき肉は必ずしも必要ではありません。
実際、正教会の祝日用のムサカには、肉は入れません。

RIMG0017_20110909113819.jpg

ムサカはピラーフと一緒にいただきますので、これも作ります。

これは「シェヒリイェリ・ピラウ」。一番ポピュラーなピラフです。
長いお米に熱湯を注いで30分蓋をして置きます。
30分たったら、お米を洗い、炊飯器にいれます。
熱いので気をつけてください。お米は研ごうと思わないで
「洗う」程度にしておいた方がそれらしくできます。

分量としては、米4合、リーゾなどの米型パスタ大匙4、
サラダ油・大匙6、塩・小匙2。

フライパンにサラダ油を入れて、米粒パスタまたは細いパスタを
香りが出るまで炒め、油ごと炊飯器にいれます。
この時、油はたつぷり入れるのがコツです。
後は、塩を入れて普通に炊いていきます。

日本人の感覚では「なんでトルコ料理が世界3大料理なのだ」と
なるのでしょうが、この「ピラフ」や「カバブ」のように、世界中に
伝播した料理の数々を見ると、とても、日本料理が対抗できるような
料理ではないと思わざるを得ません。
文化の交差点、物流の交差点、数千年の歴史・・・
世界中の料理に影響を与えてきたのでしょう。
中華もフレンチもその影響の下にあるだけです。
日本料理はどう頑張っても、世界標準にはならないですものね。

RIMG0012_20110909113819.jpg

「ムサカ」に戻って、仕上げです。
ナスと玉葱がよく炒められたら、これにトマトの水煮缶を入れます。
一缶どっと入れます(笑)。
今回はもっと省略して、瓶詰めのスパゲッティソースを入れました(笑)。
アメリカのスーパーによくある一瓶$1特売品。。。
今回はさらに、ガルバンゾーの水煮缶を一缶いれています。
これは、よく行く地中海レストランの真似なので、豆類が嫌いならば
いれなくとも良いと思います。
後は塩・胡椒。あくまで薄味に仕上げます。

お味の方は、かなりまろやか。。。
ほんとは作って一晩置くと、味が馴染んで美味しくなるということです。
「焼きナスのトマト煮込み」というと、イメージできない味なのですが、
こんなにも、穏やかで野菜の滋味を感じさせるものなのだ、と
関心させられるお料理です。
トルコ料理、恐るべし!!!!






ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No Subject

こんにちは。
ムサカはギリシャのアレしか知らなかったので驚きです。全然ちがいますね!
こめ4合にびっくりしたのですが、余りませんか?もしや良い保存方法が?

よしこさま

こんにちは。
本家本元のは、ずいぶん違いますよね。私も初めて見た時は驚きました。
このピラフは、トルコ料理では付け合せ。アメリカのフライドポテトのような
ものなので、いろいろ使いまわしするようです。
とはいえ、日本人には馴染みのないものなので、分量1/2でも良い
かもしれませんね。

No Subject

こんにちは
トルコ料理、おいしいですよね。
ムサカがトルコ料理で、おまけに
層にしないなんて知りませんでした。
ピラフと一緒に食べるのですね。
すごくおいしそうです。

トルコ料理

実は以前トルコへ行った事があり、その時に色々トルコの料理を食べましたが、
ナスとトマトを使った料理がどれも本当においしかったのを覚えています。
でも、ムサカはギリシャ料理とばかり思っていました。
ピラフに細いパスタを入れるのも面白いですね。

Sakulanboさま

こんにちは。
ムサカというと、ギリシア式が有名ですからね。
政策的に作られた料理というと、インドネシアもそうなんですが、
とにかく宣伝力がずごいので、頭に刷り込まれてしまいます。
これは、一口でドーンとくるのではなくて、じわじわ来る美味しさです(笑)

猫子さま

こんにちは。停電、大丈夫でしたか?
トマトは、大航海時代以降にスペイン・ポルトガルから入ったので、
元々なかった素材なのだと思います。ナスはあったのでしょうね。
いろいろなところに使っていますね。ギリシアは元々食べ物の取れない
貧しい地方だったらしく、料理としては面白いものはありません。
全て、他の地域(植民地など)からもたらされた物です。

ピラフが~?

トルコ料理だったとは!知りませんでした~。
ムカサというのは、ラタトゥイユみたいな感じなのかしら?
そういえばライスがサイドって、アメリカに来るまで想像だにしませんでした。
キッズミールのサイドにフレンチフライズ、コーン、ライスってあって、心底びっくりしましたよ。
そういえば、ライスサラダなんてのもありましたね。
まぁ、寿司みたいなものかなって想像してるんですが。

ななみさま

こんにちは。
この「白いピラフ」はいろいろなお料理の付け合せです。
たぶん、ラタトゥユやカポナータの原型ではないかと思います。
「ライスサラダ」は、いろいろな国にありますよね。
アメリカだと、チラシ寿司がライスサラダになると言っている方もいます。
妙に納得・・・・
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ