FC2ブログ

サンタバーバラ開花中

DSCN1070.jpg

ローズマリーのプロストラタス、サンタバーバラが咲いています。
匍匐性の品種は四季性の品種が多いですね。
この品種も適当な時期に開花しています。
DSCN1069.jpg

ミツバチさんが盛んに蜜を集めています。
蜂がいると、ドキッとしますが、あちらも仕事中は忙しいらしく、
木を揺らされても気にしていないようです。
悪戯してもこちらに構っている暇はないようです。
DSCN1071.jpg

勤勉なミツバチさん!!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : かわいくて癒してくれるもの♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして♪

LaceyBlueさん、初めてコメントを書かせていただきます。

LaceyBlueさんのブログ・hpは
飛行機嫌いの所為で日本から出たことのない私を
海外のステキなガーデンを散策している気分にさせてくれます。
いつも、うっとりと拝見させていただいていま~す。

突然、質問ですが・・・
私の所に、品種不明の ローズマリー立性・這性 があります。
昨年末に5cmポットで購入しプランターで育てています。
春夏に剪定しましたが伸びに伸びて、立性も這性になってしまい・・・
花は今月初めに2個咲いたきり・・・です。
野性的で勢いのある株ではありますが(暴れ放題です。。)
もう少しスッキリさせて、花もたくさん咲かせたいのです。
株分けは可能でしょうか?それから花はどうしたら咲くのでしょう?
ぜひ、アドバイスをお願いします。

お答え

ご質問ありがとうございます。
品種不明で販売しているローズマリーを購入されたのですか?
「名無しの権兵衛さん」は繁殖中に名札を紛失したか、
もしくは種苗法上、名前が表示できない苗ということです。
ローズマリーの苗は品種を同定することが非常に難しいです。
葉っぱと形状はどれも似たようなものですからね。

さて、ご相談はふたつですね。

一つ目の花の開花ですが、品種によりますがローズマリーの
開花は一般に冬です。
日本では12月から3月あたりになります。今月だとまだ早い
ですね。匍匐性の品種には四季咲きのものもあり年中咲いて
います。これ以外によく花をつけているものは、栽培環境が
限界に近づいているものがあります。
枯れる直前に種を残そうとする行為です。
成長が盛んな状態では花を咲かす必要がありません。

二つ目の株分けですが、ローズマリーを株分けで増やして
いる人を私は知りません。
これも一般論ですが、挿し木しやすい植物は移植しにくい、と
いう言葉があります。株分けは移植ですから、ローズマリーの
ように簡単に挿し木できる植物は、掘り起こして株分けし
再度植えると、全滅する可能性が高いです。
なぜか、というと地中海性気候のような乾燥地に耐える
植物の根のかたちを見れば一目瞭然です。

ケメコさんの苗の場合は、剪定して切り落とした枝を挿し木
してみたらいかがでしょう。
詳しくはこのブログからリンクしている私の本体HP「海の雫」を
参考にしてください。
こちらがローズマリーの資料ページになっています。

ありがとうございます

大変ご丁寧なアドバイスを下さって、感謝しております。
ありがとうございます。♪
ローズマリーは挿し木で増やすのが一番良いのですね。
実は、今年の真夏・・・酷暑が続いたあの頃~
挿し木をしました・・・全滅でした。。。泣 v-435
「海の雫」を早速見せて頂いたところ、失敗の原因は、多湿だと思いました。
LaceyBlue様のHPをゆっくりと勉強して、次回の挿し木は成功させます!
それにしても・・・
段ボール栽培が気になります・・・

楽しんでくださいね。

参考にしていただき、ありがとうございます。
冬の期間はローズマリーの挿し木に最適です。
ほぼ、90%は着きますからね。
本には梅雨の季節とあるものが多いですが、
私の実証では絶対に冬です。
楽しんでください。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ