FC2ブログ

ニュージーランド・クライストチャーチの地震

centre of garden

今月22日、ニュージーランド、南島クライストチャーチ付近でM6.3の
地震があり、多数の死傷者を出し、現在も救助活動中だとのこと。
この南島最大の都市では、昨年もM7の地震があったばかりなのに、
なんという大被害となったのでしょう。
いままで、なんとか持ってきた観光の中心、大聖堂まで倒壊してしまうなんて。。。
すでに10カ国以上の救助隊が活動しているそうです。
ひとりでも、多くの方が救助されることを祈っております。

ecinachea.jpg

私がハーブと関係をもったきっかけが、初めての海外旅行で
訪れたこの町、ニュージーランドクライストチャーチでした。
初めての海外旅行で、当時出たばかりの格安航空券、地図を片手に
(当時はGPS等ありません)初めての町をレンタカーという(初めての
海外運転)今考えれば、冷や汗ものの海外一人旅・・・・
当時はインターネットの情報収集という手段もなく、現地のホテルの
予約もFAXでやり取りする時代でした。

その後、北島のオークランド周辺地域がNZでのハーブ生産の中心と知り、
当時、ラベンダー新品種作出の世界的権威であった、故ピーター・カーター氏に
それとは知らず(無知とは、ほんとに恐るべきものです)唐突にFAXを
送りつけ「○月○日にガーデンを訪問したし」と、つたない英語で(それ故に)
強行に会見を申し込んだのが、すべての始まりでした(思い出しても冷や汗)。

それからカーター氏のガーデン、Ploughmans Garden & Nursery に
毎年通うこと10数年。2005年にカーター氏が体調を崩してガーデンを
イギリス人の後継者に渡すまで、通い続けました。
今は、この後継者の運営するラベンダー&ローズマリー・スペシャリスト・
ガーデン、Leafy Hollow とお付き合いさせていただいています。
カーター氏がラベンダーローズマリー栽培を始めてから
ガーデンを閉じられるまで、ちょうど20年ということですから、
この3/4以上の期間をお付き合いしていただいたことになります。

アジアのどことも分からないような島から、片道20時間かけて
やって来ては、毎年持ち帰った苗を枯らして、また同じ物を
持ち帰る、へたくそな素人園芸家に愛想づかしすることもなく
十数年間も付き合ってくれた、心優しいガーデナーの国。

今、自分がまがりなりにも、世界一の国に生活する身となっても、
ニュージーランドは、一番心に残る国です。



(写真は、現在のガーデン。Leafy Hollow様、提供)


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ






関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 米国コネチカット生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

本当に

一人でも多くの方が救助われることを願ってやみません。LaceyBlueさんにとってひあ思い出深い土地なのですね。どうか、復興活動が順調に進みますように。
それにしても、ハーブとの出会い、偶然とはいえすごいですね。

Sakulanboさま

こんにちは。
地震国に住んでいる限り、避けられないことですけどね。

初めての海外旅行は、ガーデンシティに憬れて・・・ということでした。
クライトスチャーチは、世界随一のイングリッシュ・ガーデンの街。
古きよきイギリスを目指した街でした。
2回目からの訪問は、NZが移民時代からのハーブを保ち続けていることを
知っての上でしたから「偶然」ではなく「必然」の選択でしたね(笑)。
無理やり、ゴネ押しで押しかけました。。。

こんにちわ

そうだったんですね、LACEYBLUEさんは、ニュージーランドと、とってもご縁があるんですね。
それにしても、見事な庭園ですね!
苗を持って帰ったりされていたのですか?
本当に、復興、救出作業がすすんでいくことを、心より祈っています。

UNA CASITA さま

こんにちは。
初めて行った外国ですからねぇ(笑)。
その後、十数年間通い続けた国ですし。。。
苗は、ちゃんと植物検疫を受けて持ち込んでいますので、
「密輸」ではないです。こういう物って、ズボンポケットしちゃう
人が多いのでしょうが、それは「犯罪」です。。。

日本の某ハーブ関係理事長さま、知っていますからねぇ~。。。

一日も早く、復興されることを祈っています。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ