FC2ブログ

プロヴァンスにお別れ

FSCN0805.jpg

菩提樹や糸杉、蜂蜜色の併や壁土。馴染みになってしまった景色。
しばらく見慣れた風景にお別れする日がきました。
DSCN0722.jpg

今回は、このいただいた写真のような光景には出会えませんでしたが、
いつか、再び訪れるときには、きっと季節を選んで参ります。
DSCN0719.jpg

マザンからカルパントラを通って、再びアヴィニョンに。
町の中心からはずれたところにあるTGVの駅でレンタカーを返し、パリに
向かいます。3年前に完成した新しい駅です。モダン・デザインです。
DSCN0728.jpg

アヴィニョンを出てまもなく見える原子力発電所と、
DSCN0730.jpg

すぐ、風力発電所の風車の隊列が続きます。
これらも今のプロヴァンスなのでしょう。
DSCN0731.jpg

低地の畑では、ラベンダーが咲いていました。高地のものとは品種が違う物でしょう。
アヴィニョンを出てからおよそ3時間半ほどで、シャルルドゴール空港駅に着きます。
このTGVはそのまま進んで、イギリスまで連絡しているそうです。便利になったものです。
休暇が長ければ、イギリスのガーデン巡りができそうです。
DSCN0738.jpg

TGVはフランスの内陸部をまっすぐに北上します。
北に向かうにつれて、景色ははっきり変わります。
南の鮮やかな空もなくなり、北部地域に今時期に多いどんより
とした曇り空になってきました。
プロヴァンスで見られたローマ時代からの独特の畑の切り方は
見られなくなり、丘陵地が大きな単位の小麦畑になってきます。
近代的な大規模農業に適した耕作地になってくると、そろそろパリです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アロマテラピー
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

素敵ですね。

フランスの田舎町を旅したくてネットサーフィンをしていたら、このHPにたどり着きました。とても見やすくて、綺麗なHpですね。

ビジュアル的に疲れない、見やすい。色使いも柔らか、文字が多すぎない。。こういうHPってあまり無いと思います。とても素敵です。癒されます。

マザン。。ここにいってみたかったのです。

ヨーロッパのお気に入りの、田舎町。ご紹介ください。

ありがとうございます。

お褒めいただき、ありがとうございます。
しばらくの間、プロヴァンス特集が続きましたが、
本来の居住地である南カリフォルニアに
戻りました。
これからも、リゾート地からのハーブの
ページをお楽しみください。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ