FC2ブログ

ラベンダー畑にて

DSCN0409.jpg

この谷は、全体が大きくうねっています。
古い時代の丘陵地に深い谷が走っているように見えます。
DSCN0606.jpg

畑は土というよりも礫層で、水は手に入るものの保水力は期待できそいにないようです。
確かにここには、ラベンダーしか適応しなかったのかも知れません。
また、他の穀類や野菜が育てられる豊かな土であったら、ラベンダーなど栽培することはなかったのでしょう。
ラベンダーを育てている方は参考にしてください。
日本では用土に石があると取り除いていますが、それは間違いです。
礫を大量に入れて、乾燥しやすくしなければなりません。
DSCN0687.jpg

穂が伸びてきたところは、青く靄がかかっているように見えます。
一斉に花が開くと、この谷全体がラベンダーの香りに覆われることでしょう。
次は、是非その季節に訪れてみたいものです。
DSCN0608.jpg

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 花のある生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ