FC2ブログ

日の出と舞茸



このところ、寒さが堪えるサザンイースト・コネチカット、ショアラインです。
こういう鮮やかな日の出の日は、特に堪えます。

RIMG1913.jpg

朝焼けではないので、日中はこんな空になるのですが、
なにしろ海からの風が強いのです。

RIMG1693.jpg

強い風の中でも、元気なやつはいるもので・・・
黄色く紅葉したドッグローズの茂みの上に、真っ赤っかの鳥さんがいました。
なんでしょうね、この鳥。。。ひとりでいれば目立つのでしょうが、
こういうシチュエーションでは、案外保護色ですね。。

RIMG1690.jpg

こういう日には、なんとなく「予感」がしたので、近くのスーパーヘ。。。
ここで、予想外の食材を発見。。。。
なんとも、大きな舞茸です。
ちゃんと「MAITAKE」と表示してあるので、舞茸でしょう。
う~む、一体誰がこんなものを食べるんだろう・・・・
と、要らぬ心配をしてしまいました(アンタに決まっておるだろうに)
サンディエゴのように、中国人、韓国人が多いならば、日本人も
含めて買う人も多いでしょうが、ここのようにほとんど白人の
地域で、しかも、1ポンド10ドルする様な高額のキノコを
(私以外の)誰が食べるのでしょうか?

RIMG1947.jpg

文字通りの要らぬ心配は、横に置いておいて、取りあえず
一塊を購入したものの、さて、どう料理したものか・・・・・
バター炒めにするには、あまりに高価。。。。
で、きょうの夕餉は・・・・・・
基本の「鶏粥」「なすの煮びたし」
メインが「かれいに見立てたフラウンダーの煮付け
舞茸を使った「ほうとう風きのこ汁」

RIMG1950.jpg

きのこ鍋みたいな仕上がりになりましたが、野菜はたっぷり入っています。
たっぷりのごぼう、舞茸、椎茸に大根、ニンジン、甘味の玉ねぎ。
コンニャクも入れて、味噌仕立ての薄味です。
山菜鍋のイメージなので、後から生姜を効かせて、カボチャを
いれるとしばらくは、味の変化を楽しめそうです。





ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

LACEYさん 日の出の写真がとってもきれいです。
強い風で寒いとのことですが。。。
海にヨットの写真 穏やかで夏って感じですね。
オレゴンは雨で薄暗い日々が続いてますv-409

MAITAKE最近 こっちでも見かけます。
どういう風に料理するか いつも分らず。。。
でもキノコ野菜ったぷりのスープはこの季節
いいですねぇ~。 

こんにちは~

ほとんど白人の住んでいる地域でも・・・
「MAITAKE」って売っているんですね。
>(私以外の)誰が食べるのでしょうか?
高額な舞茸が売れる見込みがあるから置いてあるんでしょうが・・・誰が買うんでしょうか?
他の食材も含めて、今後の入荷予定を聞いて見る価値がありそうですね。
近くで食材が入手できるのはいいですね。

すごい舞茸ですね!

こちらの方でもたまに見かけますが、お値段に卒倒しそうになります。

この赤い鳥は、カーディナル ( Cardinal)。雄ですね。メスは、グレーでくちばしの当たりに少し赤がある程度です。
東海岸なら北から南まで、どこでも見かけるんですよね。NCのステートバードです。SCのステートバードはキャロライナ・レンという雀の親戚みたいな、愛嬌ある取りです。

でも、、、朝日を見る程の早起きなんですね!見習わなくっちゃ!
来年の「New year's resolution」になりそうです(苦笑)

yummy さま

こんにちは。
オレゴンの雨は、恵みの雨ですね。
SDにいた頃は、豊かな水が羨ましかったものです。

舞茸・・・ごぼうと組み合わせて、きりたんぽ汁。
すき焼きとか、バター炒めという手もありますね。
変った特性のある、健康素材ですね。

わいわいさま

こんにちは。
このマイタケ。常設の売場にダンボール箱に入れられて、ポンッと
置いてあるんです(笑)。値段の割りに雑な扱いを受けています。
いつでも売っているようです。
サンディエゴでも、年中売られていたので、日本よりも季節感はないです。

考えてみると、イチョウの葉が健康に良いということで、治療に取り入れたのも
日本でも中国でもなく、ドイツからでしたね。
日本人の知らないところで、量産・消費されているのでしょうね。
知らぬは日本人ばかりなり・・・かも知れません。

Kayさま

こんにちは。
舞茸、アメリカではもうメジャーなんですね。
リゾットにしたり、他の野菜と炒めて食べているようですが・・・・・
私の知っている範囲では、ニュージーランドではまだないです。
あの国は、動植物の持込に厳しいですからね。

やはり、カーディナルでしたか。地味なパートナーと一緒でした。
サンディエゴでは、ブルージェイやコンドルは見たのですが、
こういう綺麗な鳥は見ませんでした。
こちらに来てから、陽が暮れるのが早いので、せめて遅くなった
日の出を見ようと頑張っているだけです(笑)。
多分、夏になったら、遅い夕暮れを楽しんでいると思います。。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ