FC2ブログ

冬至かぼちゃとキドニービーンズ



朝凪になったコネチカット・ショアです。
今朝の気温は、1℃。いよいよ冷え込んできました。

RIMG1775.jpg

こういう曇りの日には、ここの町並みは寂しげに見えます。
全体的にモノトーンのためでしょう。

RIMG1781.jpg

景観地区では、外壁の素材や色合いが制限されているので、
みんな同じような建物に見えます。でも、
元からある物は外観を変えないのが決まりですから・・・

RIMG1784.jpg

個人住宅でもこんな建物もあります。
1700年代の建物だそうですが「塔」は、ちゃんと部屋として
使われていて、暗くなると灯りが点いています。

RIMG1759.jpg

景観地区を道路ひとつ外れると、自由設計?
これは教会ですが、黒い壁は景観地区内では許されません。

RIMG1771.jpg

そろそろ12月。
この季節になると、赤い実のヒイラギがよく目立つようになります。
庭に植えられたまま、クリスマスのデコレーションになりそうです。

RIMG1765.jpg

日本人は、クリスマス前に「冬至かぼちゃ」かな、と思ったので。。。
この辺りで、パンプキンといえば、バターナッツが一般的です。
アメリカでは、パンプキンは皮の赤い系統のみを言います。
緑の皮のものは、スクワッシュですね。
ですから、これは「カボチャ・スクワッシュ」。
緑のカボチャは、オーガニック系のグロッサリーを探すと見つかります。
日本で一般にかぼちゃと言われている、このカボチャは、南米から
日本に導入されたものです。
元々日本にあった物でもなく、日本人が改良した物でもありません。
考えて見ると、日本在来の野菜は、ないのではないでしょうか?

考えると情けない話になるので、取りあえず「冬至かぼちゃ」。
かぼちゃは手に入るとして、小豆がありません。
大した量でもないので、メキシカン・フードコーナーにある豆から
「スモール・レッド・ビーン」を湯でこぼして作るのも億劫です。
ふと、目に付いたのがコレ!
レッド・キドニービーンズの水煮缶。どんな味か心配ですが、
アメリカのスーパーならメキシカン・コーナーに大抵あります。
1缶70セントだし、万一塩味だったとしても惜しくはないか・・・

RIMG1688.jpg

結果は、大正解。
水煮缶は、そのまま味付けなしなので、砂糖とちょっとの塩加減で
見事、小豆代わりに変身。
別鍋で、煮ておいたカボチャは、砂糖と醤油で薄味に仕立て、
これとキドニービーンズを和えます。
この缶詰、かなり柔らかく煮ているので、つぶして色々作れそうです。。
小豆餡代わりに、和菓子に応用できそうです。

RIMG1625.jpg

ハロウィーン以来ずっと玄関先を飾っているんでしょうね。
これが「パンプキン」ですね。

もうすぐ、アメリカ最大のお祭り、サンクスギビングです。
今年は、借家に引っ越ししたばかりです。
この辺りには日本人は、本当に少ないので、予定している
お客さんは今のところ一人だけになりそうです。
七面鳥とパンプキンの代わりに、我が家ではアジアン・エスニックな
メニューを考えていこうと思っています。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

サンクスギビング

もうすぐですね。サンクスギビング。
我が家は夫がターキー好きじゃないので、最初の年に一度やったっきりですが、今年も縁あって誘ってくれる仲間とともに、トラディッショナルなメニュー+日本的要素を取り入れたものになりそうです。

それにしても景色の美しい、きれいな所ですね。

美佐ママ さま

こんにちは。
東側は、サンクスギビングやクリスマスを
盛大に祝うという事で、期待しています。
ターキーは、美味しいものではないと思うの
ですが、脂身が少ないためか、普段から
ターキーサンドなどで食べられていますね。
私的には、鶏か鴨の方が美味しいと思います。
鴨のオレンジ風味なんて、あらたまった席には、
映えるのではないでしょうか。

今の住居。風景は素晴しいです。
日の出から日没まで、南向きの窓を左から右に太陽が
渡っていきます。
窓の外の海は、根昆布のような海草が採り放題です。

こんばんは

キドニービーンズで小豆のかわり。。。と思ったことはありましたが、実行したことはありませんでした。我が家でもこれからは、バターナッツが良く出ます。ローストにしたり、スープにしたり。
カボチャスクワッシュになかなか出会えないところなんです。(苦笑)

家の小豆は、もっぱら「おはぎ」と「あんまん」のために、日本からかってきた乾燥小豆です。
Eden というブランドのAdukiを、2ヶ月程前にホールフーズで手に入れたので、今度試してみようと思っていますが...塩ゆでというのを、考えていませんでした。よくよく読んでみますね。(苦笑)

Kay さま

こんにちは。
無事帰国されたようですね。
日本周辺は、突然戦争になったようなので、
グッドタイミングでしたね。。。

お豆は、水煮缶でも煮崩れしないようにちょっとだけ、
塩を入れている場合があるので、注意した方がいいですよ。
缶に記載されていますが、なくとも入っている事があります。
ちょっとだけなら、よいのですけどね。
アメリカ人もメキシコ人も、甘い豆を食べる習慣のない人が
普通でしょうから、仕方ないです(笑)。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ