FC2ブログ

もうひとつ、金色ローズマリー

DSCN0305_edited.jpg

また、Saultの町に来ました。特に何、というわけではないのですが、
のんびり歩いているだけで、楽しい所です。
DSCN0306_edited.jpg

クレープ屋さんです。お菓子のクレープではありません。
甘くないクレープといえば、多分フランスに興味のある方にはお分かりになるか、と思います。
「そば粉」のクレープです。本来はブルゴーニュの地方料理だそうです。
DSCN0355.jpg

下の方を眺めていると。これは、発見です。
DSCN0403.jpg

サリエットの茂みの近くにローズマリーなのですが、その中に・・・
DSCN0363.jpg

黄色の斑が入っていますが、いわゆる縁に斑の入ったギルデッド(覆輪)
ではないようです。
DSCN0365.jpg

不規則に斑の入るAureusのようですが。
この手の斑入り植物は、往々にしてウイルスに感染した枝が変色するケースも多いものです。
これも、この部分を挿し木して病気でなければAureusとして珍しいものです。
ローズマリーの斑入りは、覆輪(縁取りのみ黄色の斑が入る)のGolden RainとかGilded Goldなどがほとんどです。
しかし、この辺りでは、ローズマリーは青々としているのがローズマリーらしいということになっているようです。
黄色はNGでした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 花のある生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ