FC2ブログ

Monieux

DSCN0521.jpg

Saultの町の下界というか、下の谷の斜面に張り付いているような小さな村です。
それでも、ちゃんと観光案内所があったり、ギャラリーやレストランやシャンブル・ドット(フランスのB&B)があったしています。
聖堂も立派なものですが、ディッシュがあるのは今風ですね。
DSCN0548.jpg

普通の家なのでしょうが、かわいいですね。
自然まかせのガーデンニングでしょうか。それにしても、癒される風景です。
DSCN0557.jpg

糸杉があると、なんとなくプロヴァンス風です。
DSCN0559.jpg

教会が一番高いところにあり、そこから村が谷の斜面にそって広がっています。
階段と坂の多い村です。
DSCN0428.jpg

一番下はラベンダー畑です。さらに下に川と小さい湖があり、この谷全体をネスク渓谷と呼んでいるそうです。ここは、渓谷のはじまりの場所でここから下流にⅤ字谷が20kmも続いているそうです。
高所恐怖症の人は避けるようにとのことでした。
DSCN0603.jpg

ラベンダー畑の中に小さな牧場のような建物がありますが、
DSCN0602.jpg

ラベンダー色の看板。
シャンブル・ドットChambre d'Hôteのようです。
NZでは、よく利用しました。片言でもフランス語が分かれば楽しいでしょう。今後の課題ですね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 花のある生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ