FC2ブログ

フェンネルと菜飯、赤出汁。



朝晩の気温が50度台に入ってきたサンディエゴですが、
快晴の空は相変わらずです。
見た目は、呆れるほどに変化のないところです。
ついに、きょうはマリンレイヤーもなくなりました。

RIMG0335.jpg

今年オレゴンから届いた斑入りのマートルが
開花していました。
オレゴンの苗屋さんは、毎年、良質な苗を送ってくれます。
オレゴンは、よほど育成環境がよいのでしょうね。
羨ましい限りです。。。
通常マートルの花は、日本なら5月、ここでは
2月から開花してきますが、もはや9月の今でも
まだ咲き続けています。

RIMG0343.jpg

こちらは、二季咲の斑入りラベンダー、リンダ・リーガン。
秋の開花期に入ったようです。

RIMG0351_20100831154734.jpg


ハーブの効能分類からいうと、食欲抑制・減量ハーブ
フェンネルの種。
インド料理店の出口に置いてある粒々は、これに糖衣をつけたもの。
この土地では、まさに雑草のごとく生えまくるので、種もどっさり
採れますが、ほとんど利用していません。
はじめのうちは、種でハーブティなど楽しんでいたのですが、
これだけ繁茂されると「顔を見るのも嫌!」
一応、栽培品種のフローレンス・フェンネルなので、肥大化した
根本を食べていた時もありましたが、どんどん伸びて2Mに
届くようになると、さすがに全草が堅くなり、食用は難しくなります。
日本で例えれば、タケノコのようなものでしょうか。
これが持ち込まれたオーストラリアやニュージーランドでも
フェンネルは厄介者。
在来種を駆逐する有害植物に指定されているようです。
フェンネルが悪い訳ではないのですが、強すぎるのも
考えものですね。。。

さて、本日も反省ご飯の続きです。

菜飯と、なすと牛蒡赤出汁
「まぐろのあらの漬け」
大根漬け」

RIMG0303.jpg

「まぐろのあら」は、ある日系スーパーで刺身を作るときに
できる半端を「あら」として売っています。
結構な量があるので、日本酒と醤油に漬けておきます。
漬けにすると保存ができます。

大根漬け」は、いろいろ応用が効くので、別の機会に
詳しく載せたいと思います。
原料にビールを使いますので、材料的にはアメリカでは
作りやすいものだと思います。

菜飯
大根漬けを作るときに、葉付きのオーガニック大根
買いますので、これは副産物(笑)。
さすがに、自宅の大根は作れませんが、最近、
大根の種が手に入りましたので、サンディエゴより
湿度の多い土地へ行ったら、栽培してみたいと思います。
ちなみに、この菜飯、大根の葉だけではなく、
大根漬けも細かく刻んで、大量に混ぜています。

菜飯の作り方には、二通りあって、お米を炊く時、
炊き上がり直前に刻み菜を入れて一緒に炊き上げる方法。
もう一つは、炊き上がった米飯に刻み菜を混ぜ込む方法。
前者は、刻み菜の色が綺麗に出にくい点。
後者は、菜飯をかき回す事になるため、べたつきが
出易いという欠点があります。
今回は、後者をとり、あらかじめ水分を調節して、
刻み菜・塩・出汁醤油を混ぜる回数を最小限にする事で
べたつきを回避しています。
和食パーティで作った「香味すし」と同じ方法です。

「なすと牛蒡赤出汁
これだけが、季節感のある品になりました。
一応、今が旬の茄子と、この時期に出てくる新牛蒡
軟らかい新牛蒡を煮立てて、濃い目の赤味噌仕立てにします。
これに、別途グリルで炙った茄子を入れるだけです。

全体のバランスとしては、「まぐろ」は要らなかったですね。
菜食に徹した方が満足感があったように思いました。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

おいしそうなごはんですね。この暑い夏、あっさりした菜飯と、お野菜たっぷり赤出しは、はぁー、そそられます。

実は家も、昨日はサケの照り焼き、ごはんと椎茸、なす、三つ葉をちらした赤出しでした。ただ。。。大根漬けはなかったけど。。。

二十日大根も、なぜか数は出来ませんでしたが、「大根スプラウト」は堪能できたし(それがいけなかったのかもしれない)、いくつか収穫した二十日大根は葉っぱまで、菜飯に使いました!

ハリケーンが通過したら...少しは涼しくなるかもしれない!と大きな期待を寄せている、島からでした。

Kay さま

こんにちは。
大根に苦労されていますか?
アジア系人口がそれなりにいないと、
お魚同様なかなか手に入りにくいようです。
Whole Foodsにはあるようですが。。。

二十日大根は、収穫遅れて巨大化した物を
放置したところ、見事に雑草化しました(笑)。
ワイルドラデッシュ状態ですが、根は肥大化
するようです。
アブラナ科の植物は種を大量にばら撒きますから、
要注意です。
大根の葉っぱ、貴重ですね。
今回「葉大根」の種が採れましたので、
お分けしましょうか?
根の方は大きくなりませんが、大根っ葉はとれます。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ