FC2ブログ

サンディエゴの夕焼けと鮎の甘露煮



突然暑くなったサンディエゴですが、晴れたおかげで、
見事な夕焼け空が見れました。
適度に雲がないと、夕焼けも見れないのですね。
いつもは、夕焼けは出ないサンディエゴですが。。。

RIMG1203.jpg

7月の半ばにもなると、我が家のにもいろいろな変化が
見られます。
今年の前半、かなりの勢いがあったミョウガ
もうほとんどは、地上部が枯れて休眠に入ります。
今年の収穫は、たった1本のみ。。。
堆肥を入れて、備えていた割には壊滅状態でした。
地上部は順調に繁茂していたので、地下茎は
十分発達しているものと思われます。
今年の秋には、一度掘り起こして分けようか、と
考えています。

ミョウガは、山椒・ミツバと並んで、日本の農家では
三点セットのように日陰に植えられている薬味です。
ただ、これの特殊なところは、5倍体という
遺伝子異常を持っている事で、種はできません。
野生種が存在しないこと、人間の生活の範囲以外には
見られないことから、日本に持ち込まれる以前に
すでに香味野菜として確立された植物であるにも
関らず、現代の中国・韓国で食用にされていないという
非常に奇妙な存在です。
いったい誰が、5倍体にしたのでしょう?
日本には、一体どこから持ち込まれたのでしょうか?
種ができない、ということは、この植物の移動には、
かなりの苦労が伴うはずです。
アメリカに持ち込んだ(たぶん、日本)人も
リスクを承知で持込んだのでしょうね。きっと・・・


残念ながら、サンディエゴの環境はミョウガには
不適合と言わざるをえません。
不適切な環境のもとに、取り置かれても
この子たちにも不幸なことでしょう。
いずれ、和風ハーブの種同様にアメリカ国内の
日本の方のもとへ、里子に出したいと思います。
こことは違って、湿度の十分確保できる、暖かくて
日陰の多い地域が理想ですね。。。

RIMG1200.jpg

種取用春菊の花です。
デイジーそのものですね。

RIMG1201.jpg

早くも種をつけた青シソ
鰯フライや冷奴の薬味に大活躍の青シソなのですが、
ちょっと開花が早すぎるぞぉ・・・
種取半分、シソの実漬け半分になるのですけどね。
たまに、シソジュースなんていうのにも、なっています。

RIMG1191.jpg

さて、暑い時には、コチュジャンを効かせた料理が
続きます。
きょうは「鮎の甘露煮コチュジャン風味」
をほうじ茶で炊いていき、醤油・みりんで甘辛く
煮付けるのは、甘露煮と同じですが、夏メニュー
なので、これにコチュジャンを加えて辛・甘く
していきます。
コチュジャンに味噌とニンニクが含まれていますので、
の独特の香りも消されてしまいますが、今回
購入したものが、養殖物で脂が乗った太ったには、
かえって好都合だと思います。
天然物のスラリとしたは、塩焼きでさっぱりと。
でっぷりした養殖は、コチュジャン煮付けで
脂を落としていただきます。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

Lacey Blueさん、この間はコメントをありがとうございました、
遊びに来ちゃいました~v-278

サンディエゴの夕焼けと鮎の甘露煮、って組み合わせ、
まずどのブログ探してもないですね(笑)
でもどの写真もとってもキレイですね!

SCは今全てが干上がっている状態ですが
冥加と紫蘇は強いです、青々としてボーボーです(笑)
その代わり、ロケット杉は枯れてしまいました。

私もSFで見たローズマリーに憧れて早速庭に植えたのですが
虫がつかない代わりに大増殖してしまって、今年
半分引っこ抜きました。
どうやったらTrainingできるんでしょうね。。。。(^^;)
 
環境に対応できなくて枯れてしまったモノ言えない
植物や木はうちにもたくさんあって、毎年毎年が勉強です。

Hanako さま

こんにちは。

SCでは、ミョウガは珍しくないのですねぇ。
カリフォルニアでは、スーパーには並んでいるものの、
値段がすごいです。

ローズマリーは、立性・匍匐性で違いが
あるのですが、枝透きやちょっと強めに
剪定してやると、ストレスを感じて伸び方が
一時的には止まりますよ。

美味しい物を食べたくて、ハーブの研究をして
きたのですが、生き物を育てる魅力に取り付か
れてしまうと、際限なく難易度の高い栽培方法に
向かってしまいがちです(笑)。
基本に戻して、料理を忘れないように、日々
精進しています(笑)。
また、遊びに来てくださいね。




プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ