FC2ブログ

エッセンシャルオイルの工場

DSCN0359.jpg

オーガニックのエッセンシャルオイルを製造している会社を訪問しました。
外見はこの地方に良く見られる農家でしたが・・・
DSCN0357.jpg

工場はこちらかな?
DSCN0358.jpg

これが生産現場のようです。
手前の倉庫のような所を覗いてみると、
DSCN0360.jpg

材料を乾燥させているようです。
DSCN0362.jpg

花のついたセージが積んであります。
ラベンダーの収穫はまだ先なので、それまではラベンダー以外の
オイルをつくっているそうです。
DSCN0367.jpg

こちらが「釜」です。2台並んでいます。
DSCN0370.jpg

これがオイルを採った後の残滓です。
DSCN0375.jpg

このように大量に出ますが、再び畑にすき込まれて利用されるそうです。
DSCN0377.jpg

「釜」の下の部分です。ボイラーで加熱されるようです。
DSCN0379.jpg

オイルを取り出す部分ですが、今は洗浄しているところです。
DSCN0400.jpg

見慣れぬ東洋人がうろうろしているので、不機嫌になってきた番犬。
このあたりには、このようなオイル工場が点在しているのですが、
大抵、数頭の番犬が放し飼いになっています。
不用意に近づくとものすごい勢いで、吠えながら走り寄って来ます。
見学する際には、まず、オイルを数本購入してから工場を見せてもらいましょう。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アロマテラピー
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

訪問履歴からお邪魔しました。

すごいですね!オイルの工場なんかこんなにりあるな写真で見たことがありません。
その他の写真もものすごくステキで。。。

町中がいい香りが漂ってそうですね☆
ぜひ、行って見たい!と思いました☆

こんにちは

はじめまして。
この辺りの小規模生産工場で稼動中のものです。
後ほど、別の工場をアップします。
もう少し近代化されていますよ。

観光地をはずれたプロヴァンスの田舎は
滞在費もたいしてかからなくて、良いところですよ。
しばらくの間、今回の取材の資料が続きますので、
また、いらしてください。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ