FC2ブログ

アメリカンスィートガムで遊ぶ。続き。。。



台風一過ではないのですが、ストーム明けのサンディエゴ
朝の気温は急降下して、4℃まで落ち込んでしまいました。
今時分の東北日本に較べれば大したことはないのかもしれませんが、
ここの気候に慣れてしまうと、この低温はこたえます。


RIMG0779.jpg

風も強かったので、プールには、落ち葉がたくさん。。。
少ないように見えますでしょうか?
でも、ここでは落ちてくる葉っぱがないのが「当たり前」なのです。
水深3m。今の季節に潜る気はしません。

RIMG0782.jpg

先日、拾ってきたアメリカンスィートガムの実が乾燥してきたようです。
中身の種がこぼれていました。

RIMG0787.jpg

乾燥すると、こんな風に口を開けます。
まるで、スポンジの玉のようですが、とても堅い実です。

RIMG0792.jpg

吐き出された物は、これ。
羽根が付いているのが種です。
これをピートモスなどに撒いて、湿らせておくと、
3ヶ月ほどで一斉に発芽してきます。
その後は、一本立ちさせても寄せ植えにしても楽しめます。

日本カエデの苗のような、繊細さには欠けますが、アメリカ
植物らしく丈夫な素材ですので、手軽に楽しむ分には適している
といえます。実際に、園芸専門店でもこれの苗木を盆栽用に
販売しています。
アメリカで手軽に盆栽を作ってみたい方は、試してみる価値はあるでしょう。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

コメントありがとうございました☆

アメリカではきのこ類が豊富と伺って羨ましい限りです。
やはり島国(人口も少ないので^^;)で食材にも限りがあるのですが、何とかやってると言う感じです。
Laceyblueさんの様にいつか色々なハーブに対する知識を広げていけたらなぁと思ってます。

嫁カフェさま

こんにちは。
NZは、ハーブ好きには本当に素晴しいところですね。

NZもアメリカも、はるか昔にイギリスから持ち込まれた
ハーブの子孫が品種改良されてきたという背景は、
似ているのですが、今の状況はずいぶん違っている
ように見えます。
いろいろな国を見て歩きたいものです。
また、遊びにきてくださいね。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ