FC2ブログ

パリからアヴィニョンヘ

DSCN0002.jpg

パリのリヨン駅からTGVでアヴィニョンに向かいます。
リヨン駅を出ると、次の停車がアヴィニョンですから、
乗り継ぎもなく簡単です。
時間は2時間半ほどですので、新幹線みたいなものです。
(フランスの新幹線ですものね)
DSCN0022.jpg

アヴィニョンの中心部は城砦に囲まれた中世の街並です。
ちゃんと橋が途中で落ちていますね。

ここからは、車でラベンダー街道に向かうため、ちょっとだけ
この街を中心にプロヴァンスを観光します。
DSCN0016.jpg

14世紀の教皇宮殿です。この街自体、古い歴史があり、
ローマ時代から続いているそうです。
今は、大学町となっています。

DSCN0013.jpg

市庁舎前でマルシェが。。。。
DSCN0012.jpg

地物のハーブが売られていました。
特に珍しいものはないのですが、パリで売られていたものとは
元気さが格段に違います。
DSCN0049.jpg

ホテル前のローズマリーの植え込みも勢いがあります。
これが元気だと南に来たことを感じます。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
こねこ時計 ver.3
CATS
Sweets
本日の残り時間~カジュアル版~
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
55位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
10位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ