FC2ブログ

そろそろ、帰国。


ここ数年来流行っている、古民家の移設保存ですね。
水車小屋です。
輝くばかりの、雑草です!!。
こういう水車小屋は、洋の東西を問わずあるというのが、
不思議な感じもします。人間、考える事は似た様なもの
なのでしょうか。
DSCN7071.jpg
低い石積みですが、段々畑です。
これも、それらしく作られたもので実際に畑として
使われていたものではありません。
この公園内にある古民家の周りに、それらしく作られたもの。
それらしく野菜などを作っています。
まぁ、雰囲気つくりということですね。
ここでも、手入れしていないところには、すぐに
雑草が生えてくるようです。
でも、これくらいの規模であれば、自宅の近くに欲しいなぁ、
なんて思ってしまいます。自宅の縁側から、目の前に
広がるちょっとした段々畑で好きな物を栽培するという
生活も楽しそうです。
DSCN7072.jpg
現実的には、こんなものでしょうか?
和洋折衷庭園?
涸れ川とか、イタリア風ポッタリーを中心にした花壇とか・・・
あまり、成功しているとも思えないディスプレイがあったりします。
DSCN7073.jpg
う~む・・・
赤いサルビアとマリーゴールドの組み合わせ。
すごい古典的花壇。昔、小学校にはよくあったような花壇です。
それなりに日本的です。
DSCN7076.jpg

昨年は3月に訪日したので、草木を楽しむことはできませんでした。
今回は、かなり緑を見ることができました。
「緑」というのは、南カリフォルニアでは結構貴重な風景です。
日本では、放って置いても雑草で緑地が殖えるでしょうが、
彼の地では、赤茶けた土に戻るだけです。

6月なので、まだ湿度もきつくないだろうと考えていたのですが、
実際には、ちょっとした晴れ間で気温が上がるともうダメでした。
さすがに東北では大丈夫でしたが、東京以西では厳しいですね。
しばらく、乾燥地に暮らしてしまうと、こんな事にも適応してしまう
ものなのでしょう。サンディエゴに暮らす日本人の方々が
帰国する度に「日本は熱帯湿潤気候になった」と言われていた
事を実感しました。
これから、梅雨や本格的な夏、残暑と続く季節です。
日本の皆様、どうぞご自愛なされますように。。。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ