FC2ブログ

宮城蔵王の温泉


さて、本日のお泊りはこの宮城蔵王の旅館。
ここ数年になるのでしょうが、宮城蔵王には、今回宿泊したような
部屋数一桁の小さな旅館が続けて出来ています。
ホスピタリティ重視なのでしょう。
短い滞在時間とはいえ、行き届いたサービスを提供しようと
考えれば、限定した客数という選択肢もあるという考え方
なのだと思います。
確かにこの方向性は、間違っていないようで、平日でも
予約が取りにくい状況。
リピーター率が高いのもそれ故なのでしょうね。
DSCN7015.jpg
中は、こんな感じです。
私たちのように、海外旅行中で大きなトランクを
引張っているお客は想定していない廊下です。
しかも、ここ以外は畳の廊下!
DSCN7007.jpg
客室数一桁となれば、建物は平屋建て。
すべての部屋に縁側があります。
本来は、喫煙場所ということなのでしょう。
カリフォルニアでは絶滅した習慣ですけど。

海外旅行に出て気になるのが、この喫煙習慣です。
先進国では、禁煙が当たり前ですが・・・・
ニュージーランドやカナダ、オーストラリアでは当然禁止。
アメリカでも多くは禁止。特にカリフォルニアでは禁煙
早かったようです。EU圏でも喫煙はかなり限定的です。
しかし、日本をはじめアジアでは、まだまだ煙臭いです。
これらの国々では、飛行機の扉が開いた途端に匂います(失笑)
生活環境への認識が浅い。他者への配慮がなく、自分の
欲望を優先するなど、まだ「先進国」ではないのでしょうね。
日本が「臭くなくなる」のはいつの日でしょうか???

DSCN7012.jpg

縁側の前の栗の木に、「落し文」がいました。
昔の生物学者は、優雅な名前を思いついたものですね。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ