FC2ブログ

ファーマーズ・マーケット、続き


先日の続きです。
こちらのブースは、ブラッド・オレンジのお店。
大きさと個数しか違わないようなディスプレイです。
DSCN6820.jpg
ぐるぐる回っている中に、クレープ屋さんを発見。
やっぱり、"フレンチ・クレープ”って書くのですねぇ。。。

DSCN6824.jpg

本日のお昼は、ひとつはこの甘くない方のクレープ
DSCN6825.jpg
こういう、他では見れないものが出没するのも
こういうマーケットの楽しみです。
アフリカ料理???強烈な色彩感覚です。
見慣れない写真に、見入っている人が必ずいますね。
こういうものに目のない人は・・・・・
DSCN6823.jpg
つい、注文してしまいます。お勧めということで、これ。。
半月型のオムレツ用のような、奇妙な形のフライパンで
焼いたオムレツなのですが、中身は、分厚いパンと
ラムのカレーに生のほうれん草とチーズがたっぷり。
それに、初めて味わう緑のハーブが入っています。

考えてみると、こうしたアフリカ系のハーブには疎いものです。
ヨーロッパからのハーブについては、日本人は
ある種の憧れもあって、いろいろな情報で学んで
いますが、その他、つまり世界のほとんどの地域の
ハーブについては無知なものです。
これだけ海外旅行が普通のものとなっている最近の
日本人の状況を考えると、自分たちの属する東アジアの
食材についても、大して知らない。(パンダンリーフとか)
なぜか、プロバンスハーブは詳しかったりするのが、
日本人、というのはとても奇妙です。
憧れと好きなものは、容易に変えられないとしても、
いろいろな物に興味を持って、味わっていきたいものです。
ひょっとしたら、その中にはその後の在り方を変える
出会いがあるかもしれません。。。

卵は3個分。味付けは、さらりと薄味で、とても
カレーが中に入っているとは思えません。
なんとも食べやすい物ですが、高カロリーでしょうね。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ