FC2ブログ

庭仕事日和


やっと、気温が70F゜になりました。
摂氏だと20℃くらいです。このように書くと、サンディエゴ
カリフォルニアの南端、メキシコまで車で20分程度の
場所にありながら、なんて寒い土地なのだろう、と
いわれます。
事実、この季節に日本から来られる方々には
空港に降り立つや否や「寒い!」。
冬は暖かいのですがね。これも、海岸をかすめて通る
寒流のせいです。。

ともあれ、季節は季節で、この時期には、
花の終わったローズマリー剪定しています。
花が終わると、すごい勢いで伸び始めます。
そうでなくとも、我が家の庭はローズマリー
密植状態です。
この桶で3杯分が毎週刈り取られています。
蒸留器があれば、ローズマリー・オイルが
採れますね。そうでなくとも、ドライハーブくらいは
作れそうですが、そんな余裕もありません。
とにかく、庭の通路が人の通れるように
しなければなりません。
やれやれ・・・。

こういった作業も庭の状態をよく観察するには
良いものです。
圧倒的多数派のローズマリーが互いに争います
ので、生存競争に負けているものがいないか、
チェックしています。
どうも、このローズマリーは独占欲が強いようです。
競争に負けたものは、容赦なく排除されますので、
急いでバックアップを取らなければなりません。
何の事かというと、元株が競争に負けて樹勢が
落ちてきたら持ち直すのは困難です。ローズマリー
移植も困難ですので、栄養栽培にて株の更新を
図らなければなりません。

優勢のものを多少切り詰め、劣勢のものは
万一の場合に備えておく事の繰り返しで、
やっと維持している庭ですが、その手間の
かかる作業も楽しみの一つです。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ