FC2ブログ

アメリカの園芸用肥料


ホームセンターなどで、安易に手に入れられる肥料です。
汎用肥料です。
窒素ーリン酸ーカリが、6-10-10。
なぜか、この並び方が日本と同じですが、
この成分比率も大差ありません。
粒状でバラ撒くタイプです。

DSCN6642.jpg
こちらは、「活性剤」
ビタミンBとミネラルの補給です。
水に薄めて灌水するタイプです。
DSCN6643.jpg
成分としては、鉄、マンガン、亜鉛がそれぞれ0.125%ずつ。
ビタミンB-1が0.01%含まれています。
肥料ではありません」とただし書きしてある、活力液肥の
ようなものです。
鉄は、南カリフォルニアではずいぶん売られています。
このほかにも、土壌改良材としてバーミキュライトや
パーライトのような2cf程度の袋入りの資材もあります。

この辺りは、ほとんどが粘土質の土壌です。
改良材としては、単純に砂を混ぜるだけです。
雨が少ないため、土壌はアルカリ性で塩類が地表に
しみ出してきます。
本来鉄肥料は、アルカリ土壌で新葉の黄化に効果が
あるものです。これは、植物体内に鉄が増えるのではなく、
ビタミンAが増えるためだそうです。
マンガンも同様に黄化(クロロシス)に効果があるのですが、
これは、古葉の方に効果があるそうです。

DSCN6644.jpg
これも、ごく一般的な家庭園芸の肥料です。
粉末状で、水に溶かして撒くタイプです。
DSCN6646.jpg
成分は、24-8-16とずいぶんバラつきが大きいようですが、
窒素とカリに重点をおいた、成長期対応のタイプの
ようです。一応、鉄・マンガン・亜鉛のほか、銅、
ホウ素、モリブデンも含まれており、まさに汎用タイプです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ