FC2ブログ

Renzels Irene

R0011095WR.jpg

表題の前に、ひとつだけ。。
先日、ホワイト・ローズマリーの花が変だ、と書いていましたが、
接写した映像をじっと見ると・・・・・・
上の花弁の根元にオシベがふたつありました。
奇妙な花です。これだけ雌蕊の先から離れている理由は、
自家受粉を極力避けようという配慮でしょうか?
大抵のローズマリーでは、中心の雌蕊に寄り添うように
2本のオシベが伸びているのですが、こういう例もあるようです。

一般的な花の例としては、以下の品種の花を参照してください。

DSCN6137IRN.jpg

きょうの本題に入ります。
写真中央の開花中の品種です。
Rezels Irene
この品種名は、ニュージーランドのブロウマンズガーデン、
故カーター氏によるものです。
現在のLeafy Hollow ガーデンでも同じ品種名を使っていますが、
アメリカ西海岸カリフォルニア周辺のガーデンでは
単に「Irene」と表示しています。

DSCN6138IRN.jpg

高さはおよそ60cm程度。
小柄な立性ですが、樹形はかなり乱れやすく、
立ち上がったプロストラタスのように乱れます。
小型の葉、細かい枝に鈴なりに花を咲かせています。
濃い青い花色は、少し派手めで目立ちます。

DSCN6139IRN.jpg

全体的に模様の多い花弁です。
舌状の花弁、中央にみられる斑の模様が特に
はっきりしています。

DSCN6140IRN.jpg

ちょっと影になりましたが、オシベもしっかり立ち上がります。
なんだか、この模様、アニマルプリントに見えてしまいます。

DSCN6142IRN.jpg

「ガォー!!!」
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ