FC2ブログ

Severn Sea



セヴァーン・シー。
匍匐性の比較的良く目にする品種です。
成長は速く、大きな葉をしたローズマリーです。
地面をひた走っているように見えます。
グランドカバーになるかもしれません。

匍匐性品種は、代表格のプロストラタスをはじめとして
小さな花が乱れ咲くような傾向がみられるのですが、
これの場合は、比較的大型の花が乱れ咲いてくれます(笑)。

DSCN6146SVN.jpg

花の色は薄いですね。
明るい青といった感じです。
咲き方が乱れているのは、匍匐性の枝の伸び方に
原因があるのでしょう。
立性なら、きちっと並んで咲いていると思います。

DSCN6148SVN.jpg

個別の花は、ごく標準的な形です。

DSCN6153SVN.jpg

日本のある苗屋さんのカタログに、濃い青い花
紹介されていたものがありました。
立性品種の青花系に較べてしまうと、「濃い」と
いうほどの色合いとは思いませんが、綺麗な花
だとは思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

日本だといったいどう伝わったんだか「セブアンシス・ブルー」として売られてることが多々あります。
以前から気になっていたんですが、現物を見つけて購入(「セヴァーン・シー」は入手してなかったので)し、ラベルにはきちんと「Severn Sea’s Blue」と英語表記もありましたので、同じものだと確認とれました。
しかし、なんという誤発音・誤表記...わざとでしょうか(笑)

たしかによく生長し、よく這いまわってます、この品種。

みーまりぽんさま

カタカナ表記だと難解ですね。
原語に忠実というのもなかなか大変で、仏語が元だったりすると
これもやっかいです。
英語圏でも、イギリス、アメリカ、オーストラリア、NZで発音が違
いますので、綴りを見て判断するようにしています。
日本の場合、品種登録はカタカナなんでしょうね。
どうなっているのでしょう。昔、NZのカーター氏は「日本人が
勝手につけた名前」ということをずいぶん言っておられました。
日本語訳の品種もありましたね。
「ジェサップ嬢の立ち姿」?
なんだかお分かりのことと思います(笑)。
007の「医者はいらない」と同じ頃の話です。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ