FC2ブログ

Lady in White と White Rosemary



今回は、白系ローズマリーを紹介いたします。

上の写真は、以前掲載したことのあるレディ・イン・ホワイト
まっ白い花が特徴の品種です。

R0011076.jpg

完全に色素がないのでしょう。
斑も文様もまったく見られません。

DSCN6097liw.jpg

オシベの花粉まで白い。
舌状の花弁は、長めに伸びて、細かいギザギザのフリルがあります。

DSCN6100WR.jpg

もうひとつは、やはり立性品種のホワイトローズマリー
白花ローズマリーなどの名称で、日本でもよく売られています。
カリフォルニアでも、ただの「ホワイトローズマリー」として
出回っていたのですが・・・・・

DSCN6103WR.jpg

日本のホワイトもこんなだったかなぁ???
レディとはずいぶん違っています。
花の形も、舌状の花弁は短く、斑というか斑点のような
薄紫色の点があります。
白ではなくて、蒼白色に近い感じに見えます。
色素が欠落しているのではなくて、ただ薄いだけのようです。

非常に面白いのは、雌蕊も薄紫をしていること。
そして、?。オシベはどこへ行ったのでしょう??

ひょっとしたら、新しい発見かもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

Lady in Whiteは本当にまっ白なんですね~
日本へは入ってきてないのでしょうか。

Whiteのほう、我が家にいる「Blue Spears Alba」とよく似てる気がします(→ http://mi-mari-pon.jugem.jp/?eid=837
いかがでしょう?

写りのせいで見づらいかもしれませんが、うっすらと色素の名残(?)、雄蕊の短さ、などは共通してると思います。
以前、Blue Spearsや似た名前のBlue Spiresには白花品種はないはずと教えて頂きましたが、いまだに正体不明のまま。このWhiteと同じであれば、ちょっとした手がかりかも。

みーまりぽんさま

こんにちは。
みーまりぽんさまのブログを見直してみましたが、
ほとんど同じですねぇ。

日本で見た、Blue Spiresは、白とは言っていなくとも
ほとんど白に近い水色だったように記憶しています。
こちらでも、Whiteと付いているものは、結構怪しい
物が多いです。見た目白いだけで、正確な品種の
判らなくなった物や、パテントにかかって正確な品種名が
表示できないもの等など。。
今育成中のLong Acre Whiteと、White Foamが
どんな花を見せてくれるか楽しみです。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ