FC2ブログ

戻ってみれば、真冬。


真夏(初夏でしょうか)のニュージーランドから、サンディエゴ
戻りました。
1月、2月は。ということで、ありますが、もう梅が咲きました。
季節は確実に移りつつあるようです。
DSCN5856.jpg
ここ、南カリフォルニアの海岸沿いというのは、の間、
かなり湿度が上がります。
しかし、雨になるのはやはり少なく、月に1,2回の
シャワーという程度です。湿度を上げている要因は、
シーブリーズ。
朝方などは、こんな濃密な霧が海から谷間沿いに内陸部に這い
上がってきます。

写真は、いつも見ている自宅の庭からの風景ですが、向かい側も
見えません。
大して離れているわけでもないのですが、こんな状態になります。

しかし、太陽が高くなって気温が上昇すると消えてしまいます。
DSCN5854.jpg
はい、この通り。。。
すっきりくっきりの青空です。
ただし、こういう青空は2ヶ月間のの時期には珍しいかも
知れません。さすがに、場はどこかに雲が浮かんでいます。

DSCN5852.jpg
」なので、ローズマリーは満開です。
テントウムシ(レディバグ)は、いつもと変らずに、姿を
見せています。
日中の気温は15℃~26℃。
サンディエゴの「真」です。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

おかえりなさいませ。

真冬って...(笑)
僕は寒いの苦手なので非常に羨ましい限りです。
そちらだと、テントウムシの集団越冬、なんていう姿とかは見られないんでしょうね~
あと、ある程度寒さを経過しないと発芽しないようなタイプの植物も。。。

やっぱり四季がハッキリあったほうが面白いですかね。
それにしても気持ち良さそうです。

みーまりぽんさま

こんにちは。
テントウムシの集団越冬は見ないですね。
確かに、植物によっては休眠が必要な種類もあるの
でしょうが、ここでは休眠はするものの、かなり
短期間で済ませているようです。
ここでの季節変動に適応しているようです。
例えば、ローズマリーやタイム、ラベンダーなども
こぼれ種から自然に発芽しています。
0℃以下の低温はないので、15℃程度の
気温を「冬」と認識しているのではないでしょうか。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ