FC2ブログ

シーフード・プラッター


アルバート公園です。
ダウンタウンの中心にあって、オークランド大学の正面に位置しています。
この辺りは、土地の起伏が激しく、坂道ばかりですが、
駐車場に恵まれているので、中心街に出るには便利です。
DSCN5388.jpg
オークランドのランドマーク、スカイタワーですが、
回りを高層ビルで囲まれてしまいました。
2年前にはこんなマンションなどなかったのですがね。
DSCN5391.jpg
昔の日時計。今は単なる花壇です。
DSCN5441.jpg
きょうのお昼は、さらっとシーフード・プラッター
二人分のお試しセットですね。
一通りの品が2つづつ揃っていました。軽いランチです。
どちらかというと、観光客むけかな。
このシーフード・プラッターですが、お店によってこれくらい
さまざまな解釈をされているお料理もないんじゃないかしら、と
思うほどにいろいろな出され方をします。
値段しだいということも、あるかもしれません。
安いところと高級店では値段は20倍も違います。
安いお店では、すべてがこてこてのフライだったりします。
高級店では、牡蠣など生ものが多いですね。
DSCN5622.jpg
これは、オークランドでも、おしゃれな通りで有名な
パーネルストリートのお店です。時間は午後7頃。
まだまだ明るいので、かなり早いディナーです。
DSCN5629.jpg
前菜の牛肉のカルパッチョ。
薄切り肉とは思えぬ厚みのある、やわらかなお肉に
チーズがたっぷり振ってあります。
DSCN5630.jpg
続いて、これもシーフードプラッター
お昼のとはだいぶ趣きが違います。
お昼のは二人分。これは一人分なんですが・・・・。
写真ではわからないのですが、ごっそり盛り上げたシーフードの
下には、さらにスパゲッティが盛ってあります。
なにしろここは、イタリアンレストランです。
これだけあると、さすがにスパゲッティまで完食するには至りません。
アメリカなら、即お持ち帰りなんですけどね。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ