FC2ブログ

「南部藩の引き菜雑煮」

_DSC0001.jpg

いつもの我が家の雑煮です。
ウチは伊達藩=仙台藩の出
なので、南部藩=岩手県南部
ではないのですが、縁起物の
「引き菜」をあしらった、この
農家風豪華版雑煮が気に
入っています。

大体、こういう「晴れの日」の
料理は、武家より農民の方が
豪華です。
美味しいものをよく知って
いますからね。

武家は質素を旨としてきました
ので、どうしても見劣りがします。
正月の行事食もほとんどが
平安時代の貴族社会で確立
されたものです。。。
「文化」の違いなんでしょうね~。。

そういうわけで、現代に生きる
我々としては、平和の時代を
謳歌するべく、美味しいものは
どんどん取り込んで行く事にして
います。

_DSC0005.jpg

・・・ということで、「引き菜雑煮」。
どこが違うかといえば「引き菜」。
↑、餅の下になってほとんど
見えません(笑)。。

大根、ニンジン、ゴボウを細く切り、
縁起物の「水引」に見立て、
これを出汁で煮ます。

これがベース。
これに焼いた餅(切り餅)をのせ、
具は現代的ですが、蒲鉾、鶏肉
セリ、ゆずの皮、イクラの醤油漬け
などで飾ります。

雑煮なので、出汁が問題ですが、
基本は煮干し出汁
これが引き菜の野菜と混然となって
良く似合います。




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ!!
ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。


北アメリカ(海外生活・情報)ランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ