FC2ブログ

定番のお食事どころ


日本での観光カイドには、大抵乗っているという超有名店です。
カーマディック。店内には、なんと畳の個室まで用意されていました。
日本人観光客が多いんだろうなぁ。。
さすがにクリスマスシーズンには、団体さんはいませんでしたが。。

DSCN5353.jpg

窓の外には、アメリカズ・カップのニュージーランド艇がいます。
一隻は、ちょうど体験乗船のお客を乗せて出航したばかりです。

DSCN5354.jpg

まずは、お通し。スモークサーモンなど。

DSCN5355.jpg

いきなり、メインで、ラムチョップです。

DSCN5356.jpg

もうひとつは、鴨です。紫ニンジンはあまりなじみがありませんね。
どちらも、あっさり味。日本人にはありがたいですね。
ニュージーランドのお料理は全般に「濃い」味付けというものが
あまり見られないような感じがします。
特に、パシフィックといわれるシーフードものはあっさりしています。
その点ではありがたいですね。
もちろん、飲食店ですからピンキリなんでしょうが、ある程度の
店構え(非常に抽象的ですが)のところでは、大外れは出にくいように
感じます。
アメリカだと、カリフォルニアであっても、安全なのはアジアン・エスニック。
それ以外は敬遠するのが得策なのですが、ここでは、アメリカンな
雰囲気のお店さえスルーすれば大丈夫そうです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ