FC2ブログ

一日おきに晴れ!


晴れました!!
なぜか、一日置きに晴れ間が入っているような感じです。
が、とりあえず「晴れ」。

DSCN5256.jpg

なんとか、ギリチョンでセーフだった、我が家のプール。
水位は、レンガまで届いています。

サンディエゴは巨大な粘土塊の上にある町なので、
今回のような冬の大雨では、じっとりたっぷり水を吸っています。
スプリンクラーもここ4日は手動停止。
とにかく、ガーデンを乾かさなければなりません。
植物の根が窒息してしまいます。

DSCN5260.jpg

もはや、開花期を目前にしているローズマリーたち。
今年の1月末に植えた割には、よく成長してくれました。一年弱です。
この写真だけで、10品種あるのですが、茂りすぎてつながっています。
剪定しなければ、と思いつつ、なかなか手をかけてやれません。
愛情が足りないかなぁ~、なんて。。

他の植物と大きく異なり、真冬に全開で開花するものですから、
土作りにも苦労します。
ローズマリー用と他の植物用で、ガーデンを区画割しておかなければ
なりません。肥料を入れる時期もちがいますからね。

順調な植物たちは、放って置いても大丈夫、みたいな気持ちに
なってしまいます。油断していると、突然ポックリなんて
ことになりかねないのですが、そこは人間の「業」みたいなもので、
やっぱり、放っています。

来週からは、2年ぶりにニュージーランドでガーデン&ナーセリー
回りに行ってきます。
当然、苗の購入も予定していますので、今回は、アメリカ
(というより、カリフォルニア州)の植物検疫に挑戦することになります。
アメリカにとっても、初入荷の品種をリクエストしていますが、
他州のナーセリーも出荷をいやがる、アメリカ国内でも最難関の
カリフォルニア植物検疫です。
はたして、無事通過できるかどうか、は分かりません。
取り上げられたら、大損害ですが、とにかく挑戦してみなければ
結果がでないのは自明の理。
やってみなければ道は開けません。
「求めよ、されば与えられん」でしたっけ。。。。。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

綺麗な青空ですね。
プールに映る太陽の光が眩しいです。
ニュージーランドにいらっしゃるんですね。
若い頃に一度訪れたことがありますが、飛行機から白い胡麻粒みたいに見える羊達が可愛かったです。
兎に角時間がのんびり流れているっていう印象でした。
無事に検疫通過できるといいですね。

タヌ子さま

こんにちは。ご来訪、ありがとうございます。

ニュージーランドには、私が勝手に師匠としてしまった
ラベンダーとローズマリーの世界的な権威がおられましたので、
10数年間にわたり、毎年1,2回は渡航していました。
この方が一昨年亡くなったため、2年ほどブランクができました。
今回は、その後継者の方にお会いする予定です。

NZに通い始めた頃には、羊がたくさんいたのですが、
最近は、牧羊業が廃れて、見られなくなっています。
これも時代の流れかもしれません。

NoTitle

お久しぶりです。
ニュージーランドからのニューフェイス、楽しみです。検疫の通過、すんなりいくといいですね。

そういえば、「ローズマリーの移植は困難」的記述をよく見ますが、検疫受けるのには根から土を落とさなきゃいけないわけで...これまでいかがでした?
根を切ってしまわなければ大丈夫なのかな。
発根させた挿し木苗の植え付けでは結構失敗しちゃってるので、ちょっと気になりました。
“うで”の問題ですかね~

みーまりぽんさま

ご無沙汰しております。
ニューフェイスとはいいましても、私にとっては以前日本に運んだことのある品種です。

リプラントは確かに難しいです。
特にローズマリーなど、シソ科の直根の深いものでは、大抵、根を切って
失敗します。細根が出にくいですからね。
しかし、こういう品種は大抵挿し木が容易なので、挿し穂と根付きと両方購入
します。専門のナーセリーですと、挿し穂だけでも売っています。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ