FC2ブログ

Yemen Kitchen、再び。。。。

DSCN1466_20190408132354b1b.jpg

ついこの間、来たばかりですが、
気に入ったので、再度伺いました。

DSCN1470.jpg

例によって、遅いランチで、
店内は誰もいない。。。

DSCN1472.jpg

まずは「マラク」。

DSCN1474_20190408132353214.jpg

今日は前回とは違うメニューを
チョイス。。。

DSCN1475_20190408132352fb4.jpg

「Kibda」
ラムレバーをトマトやタマネギで
炒めたもの。脇にある巨大なピタと
一緒に頂きます。

ラムレバーは、この辺りではダイナー
でも、普通にある「牛のレバー・ステーキ」
とよく似た味です。
トマトとフェヌグリーク主体のハーブで
食べやすくなっています。

DSCN1477_20190408132427661.jpg

こちらは「ラムのMandi」
イエメンの代表的なメニューです。
アラビアン・ライスにローストした
ラムが載っています。
脇にあるのは、スパイシー・
ドレッシングといっている、スパイシーな
シチュウです。アラブ風炊き込みご飯と
良く合います。

DSCN1482.jpg

短期間で戻ってきたお客さんが
珍しいのか~。食後にサービスの
ミントティが付きました。
濃いめの紅茶にフレッシュミント。
ミントティで有名なモロッコのは、
緑茶+ミントでしたが、イエメンでは
紅茶のようです。
これが食後には中々いい感じ。

メニュは少ないけど、意外に穏や
かな味わいのイエメン料理。
ウチの定番になりそうです。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ