FC2ブログ

ミョウガ、シーズン終了


「日本」のミョウガです。
今年のトータル収量は、20本でした。
このミョウガというハーブは、日本原産のように振舞って
いますが、本当は東南アジア原産。
DNA解析から、栽培種のみが日本に入ってきたことが分かっています。
ところが、面白いことに、現在世界で栽培しているのは
日本だけらしいのです。
ミョウガを食用に品種改良したそもそもの人たちは、いったい
どこにいってしまったのでしょう?
生姜と一緒に輸入されたようなので、約1000年昔のことです。
1000年の歴史のかなたに消えていった民族があったのでしょうか?
こういう食文化史みたいな研究も面白いですね。

地上部が枯れてきました。
これが、季節的な枯れ方なのか判断に迷うところです。
なにしろ、日本に居た頃には、収穫時以外に注意した
ことのないミョウガです。
確か、冬には地上部がなかったように覚えていたのですが。。。

サンディエゴの、季節感の非常に少ない環境ではどうなる
のでしょう。
ここで慌てて掘り出したりすると、地下茎をいためてしまう
かも知れません。。。
掘り出してみるならば、完全に地上部が枯れた頃に
するものらしいです。

栽培農家では、完全に偽茎(ミョウガの茎と葉のこと)が
枯れてから、混み過ぎた地下茎を整理し、土と肥料を
与えているのだそうです。
地上部が完全に枯れたら、地下茎を掘り出して今年の
結果を見てみるとともに、牛糞をすきこんで、オーガニック
マルチをかけ直してみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

どーも、s-nobです。
ウチのミョウガも地上部が黄色くなって倒れてくるのが出てきました。
そろそろ地上部を苅ってしまおうかと思っていますよ。
今年はなかなかの豊作でしたので、来年もこの調子で頑張って貰いたいと思っております。

s-nob さま

こんにちは。
そーですか。豊作とはうらやましい限りです。
うちのは、今年はじめて植えつけたばかりです。
日本なら、初年度から頑張るようなのですが、
こちらでは勝手が違うようです。
来年に期待しているんですけどね。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ