FC2ブログ

エダマメ、除去作業

DSCN0079_20181004125001cb8.jpg

今年はを1/3ほど拡大したので、
元花壇と芝生だったこの部分に
大豆を蒔いて、土壌改良を試み
ました。
で、本日はこの部分・・・ほとんど
放置していた所のエダマメ除去。

DSCN0111_20181004124957f70.jpg

収獲は期待していませんが、なにしろ
エダマメなので、実が入っていそうな
ところは、収穫しつつ・・・・・
まあ・・・
食べるには非常に小さなものばかり。。。

DSCN0086_201810041251338ea.jpg

気になったのは、根元にばらまかれた
食い散らかされた「莢」のあと。。。。

どうやら「ハタネズミ」が住み着いたようです。
アメリカで「Vole」といわれるネズミ。
体重30g、体長10cm位。

Erdmaus_(Microtus_agrestis)_jh02.jpg
wikipedia.orgより拝借

↑こういう非常に小さなネズミです。

昨年から、の中に小さなトンネルが
あったり、温室の床にトンネルが出来て
いたりしていたので、いるな・・・とは
思っていたのですが。。。

DSCN0078_20181004124956c51.jpg

昨年は巨大なグラウンドホッグや
ウサギ対策で気にしなかったものです。

今年はグラウンドホッグは一度姿を
見ただけ。ディアネットの内側に電撃
ワイヤーを張ってからは、入ってきません。

ウサギはディア・ネットの下方に金網を
仕掛けたので、それ以降に入って
こなくなりました。
で、今度は「ハタネズミ」。。。

良くまあ、毎年役者が変わる物だと、
苦笑するばかり!!

DSCN0080_20181004124959534.jpg

天敵のキツネも蛇もフクロウもホークも、
最近ではコヨーテまで、ここにはいつも
いるはずですが、しっかり生き抜いている
害獣たちです(爆)。

↑とりあえず2時間で2列終了。
エダマメは抜くのは、根が浅いので
楽ですが、問題はこのデブリ。。。
出来れば土に戻したいものですが。。。

DSCN0119_20181004125008033.jpg

取り敢えず、今日はエダマメを塩ゆでに
していただきました。実は小さくとも
味は甘味たっぷりの、採りたてエダマメ。。。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ