FC2ブログ

ハーブガーデンの守り神?


季節感の薄い、我がハーブガーデンです。
ここでは、ローズマリーは順調に育つので、
ローズマリーの暦に合わせれば、凡そのハーブの季節が
推し量れるのかも知れません。

手前が依然として開花中のラバンジン、プロバンス。
その向こうに、枯れかかっているのが、開花が終わって
しばらくになる、ロイヤルヴェルベット。

DSCN4592.jpg
じっと動かないで、画面中央にいるものが見えますか?
DSCN4590.jpg
ずいぶん成長したものです。
これだけ大きくなると存在感があります。
クモは、形が恐ろしげなので、人にはずいぶん嫌われている
ところもあります。
ガーデニングしている側から見ると、これは益虫(虫ではありませんが)。
腹がへっても、大事な植物に手を出すことはありません。
かなり大きな昆虫もよく捕まえてくれますし、食が足りていても
とりあえず捕獲して、悪さをしないようにしてくれます。
これで、くもの巣を張りすぎないでくれれば、◎なんですけどね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

蜘蛛は大の苦手なんですよ。
なので屋外では例え見ても見なかったと思い込むようにしているんですが、ある意味それも園芸のためには正解だったのですね。
悪い虫をとってくれると聞くと少しは親近感が・・・やっぱりダメです(^o^;

s-nob さま。

蜘蛛っていうのは、面白いもので、好き嫌いに性差が
あるみたいですね。
嫌いな人は、女性に多いように思えます。
脚が多いのは、不気味ですし、歩き方もいやですよね。
男性は、脚の数を好む人が多いようですよ。
動きも好きな人が多いですね。
メカニカルな動きを見せるには、ちょうど良い数です。
ムカデのように脚が多く、胴が長くなると気持ち悪いので、
スマートな体形と素早く動く脚。
でもって、昆虫ではないところも魅力のようです。

NoTitle

ラバンジンまで枯れちゃったんですね。
今年は暑かったですから。我が家のイングリッシュも2株だめでした。
クモは殺せませんね。先日「アオバハミ゛ロモ」を捕まえているのを発見しました。

u-hana さま

はじめまして。
ここは日本ではないので、暑くはなかったのですよ(笑)。
また、いらしてくださいね。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ