家庭農園で使える農薬は。。。。

IMG_0534_201706291346145d5.jpg

アメリカのガーデンストアや大規模スーパー
(walmartなど)には、大変な数の家庭向け
農薬があります。

アメリカに来て、簡単には日本野菜
手に入らないとき、誰しも「自分で種から
育ててみよう」と思うのは、当然の発想だと
思います。

しかしながら、野菜というのは人間が
自分たちの目的のために、手を加えて
本来の姿を変異させた「異常な植物」
ですから、育てるにも相応の手間を
要求します。

特に夏。時期的に害虫が一斉に
湧き出る季節になりますので、
一部を除いては農薬は必須。
さらに困ったことに、ココはアメリカ
日本の参考書は、役に立ちません。。。
欲しい薬はみつからない!!
ということになります。

特に注意していただきたいのは、
仮に何等かの方法で日本農薬
持ち込んだとして(この時点ですでに
違法ですが)、日本農薬
アメリカで使うことはできません。

アメリカではアメリカで認可された
農薬だけしか使えないのは、日本
日本政府が認可した農薬しか
使えないのと同じです。
特にグリーンカード・ホルダーは
注意してくださいね。強制送還・
再入国禁止になりますから。


そこで、今日は当農園で実際に使って
いる「簡単に手に入る農薬」をご紹介。

IMG_0952.jpg

野菜に多い「葉物野菜」の天敵は、
青虫・毛虫のキャタピラー類。
大食漢のうえに、数が多いので、とても
厄介です。
コレの対策には、これらキャタピラーや
ルーパーを狙い撃ちする「BT剤」。
ミツバチやほかの動物には、ほとんど
影響がでません。

元々は明治時代、病気のカイコから
抽出したバクテリアを日本人研究者が
発見したことが始まりです。今では
全世界で一番使われている農薬です。
天敵微生物を利用した生物農薬なので、
これは「オーガニック農薬」です。

使い方は説明書にある希釈倍率で水で
薄めてスプレイするだけです。
ただし、これが効くのは青虫、毛虫だけ。
コガネムシやカメムシ、ハモグリバエには
全然効きません。

IMG_0958.jpg

これは、以前ウチでも使っていましたが、
使い易さの対価として、さっぱり効かなかった
ready-to-useの簡便なスプレイ。目に見えない
ダニには効いていたかもしれませんが・・・
マメコガネには全然効かない。。。

IMG_0959.jpg

成分がこれだからね~。
殺ダニ剤として石灰硫黄合剤とピレトリン。
ピレトリンは、大正時代に日本人研究者が
構造解析した殺虫剤で、除虫菊の有効成分です。
見るからに効き目弱そう~のとおり、ウチでは
効かなかった。
ちなみに、このピレトリン、以前はオーガニック
農薬だったのですが、現在は外されたようです。

IMG_0955.jpg

これらは↑よりずっと普通に売り場に
並んでいますが・・・・
所謂「有機リン系農薬」です。

とっても怖そう~
一見すると、口に入る野菜には
使えなさそう・・・に見えるのですが、
さにあらず。。。
BTを除けば、これらが現在アメリカでは
標準的な農薬になっています。

これはガーデンホースの先に取り付けて
畑や花壇に水と一緒に撒きます。
一度撒けば3か月間ガードする・・・そうです。

IMG_0965.jpg

すごいですね。こんなに対象がいます。
ウチで冬野菜をまだ気温が高いうちに
栽培する時に問題になる害虫は
ほぼ網羅されています。

IMG_0962.jpg

こういう農薬は例え家庭用とは言え
強力な毒薬です。広範な効果があると
いうことは、いろいろな動物を殺せると
いうことなので、用法・用量はきっちり
守って、ラベルにある通りに使わなければ
なりません。

ラベルは「法律」です。・・・・とは、
マスターガーデナーの講習で耳にタコが
できるくらい叩き込まれました。
必ず守ってください。
ラベルも読まず、希釈もいい加減・・・なんて
言語道断どころか、違法行為です。
(コレ本当です。違法行為になります。)

しかし、アメリカ人が使う物、使い方が難しい
わけがありません。
正しく使えば、きっと役に立ちます。

いずれも、お値段はそこそこ安いです。
しかも大型スーパー(walmartなど)には
大抵置いてあります。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪

今の時期、害虫も大活躍で管理が大変ですよね。
野菜毎に使用できる農薬の種類や使用回数などの基準も厳格に決められていて、抜き打ち検査でオーバーが見つかると、以後出荷禁止になってしまいます。
家は、原則自家消費用なので、使わないです。


わいわいさま

こんにちは。
出来れば使いたくないのが「農薬」ですが、モノによっては、
使わないとできないものがありますからね。
ウチの場合は、まだオーガニック認定はされないので、
最小限で使っているのが現状です。
とにかく、アメリカの害虫は強烈なのが多いです。
日本の虫でも、こっちに来るとアメリカナイズされて、
とんでもないことになる物もいますしね~(笑)
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ