マメコガネの季節

P5250335_201706081256547d4.jpg

日一日と夏らしさを見せてきた
ノースカロライナですが。。。
こうなると・・・・

IMG_0583.jpg

「夏のお約束」も出現します。

IMG_0585_20170608125653c4c.jpg

最初にやられるのは、「梅」の木か、
↑ブドウの古典種「マスカディーン」。
そして、「フジノキ」。これは花も
やられます。

IMG_0582 - コピー

しかたがないので、インセクト・スプレーで
毎日殺しますが、翌日になるとまた
屯するというしつこさ!
いったい、何匹いるのだろう・・・・・

IMG_0135.jpg

気温が上がると、マメコガネだけでは
なく、↑こういう輩も出てきます。

IMG_0137.jpg

幼虫・・・・

IMG_0368.jpg

そして、ノミハムシ
これの駆除が一番厄介かも。。
なにしろ、成虫も幼虫もマスタード類の
葉が大好きで、蠅のように集って、
小さな穴だらけにしてしまいます。
年間通して「小松菜」「ミズナ」を
生産する我が家には、商品価値を
ゼロにしてしまう小さな「大害虫」です。

ハムシにしても、マメコガネにしても
日本では、それほど大した害も
なかったように覚えていたのですが、
アメリカに来るとなんでこんなに
凶悪になるのだろうか??

幸い、ウチはオーガニック農家の
指定は受けていないので、駆除には
薬剤を使えるのだけれど。。。。

悩み多き夏の畑。。。。


お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ