FC2ブログ

Well Sweep Golden


アメリカで見つけて珍しいと思ったローズマリーの品種のひとつです。
Well Sweep Herb Farmで選抜された品種だそうです。
何が違うか分かるでしょうか?
DSCN4536.jpg
遠目に見た方が分かりやすいのですが、
ブログの映像からはなんとも判断しにくいので、
アップにしてみました。
DSCN4540.jpg
斑入りではないのですが、全体に穂先の方が
黄色っぽく見えませんか?
春には、明るい黄色になるとのことです。
葉の色は夏になるに従って、濃い緑に変化していくそうですが、
まだ、今のところは全体に黄色味を帯びているように見えます。

ローズマリーで黄色の斑入り種は、3種が良く知られています。
ギルテッド・ゴールド(黄色の斑入りということ)といわれる
立性で幅広葉の斑入り種。
ジョイス・デバッジオ(または、ゴールデン・レイン)という
立性細葉の斑入り種。
アウレウムといわれる不規則に黄色の斑が入るもの。

このWell Sweep Goldenは斑入りではありませんので、
これらとは全く異なるものですが、この明るい葉色は
ハーブガーデンのアクセントになるものです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

穂先が黄色っぽいですね☆

アクセントになる品種って、大切ですよねぇ

うちのは、どれがアクセントなんだか???(笑)

応援ポチ!v-22

Trifolium repens さんへ

クローバーは、ひとつひとつの葉がとても個性的で
うらやましい限りです。
ローズマリーは、花が終わると大抵は見分けが
つかなくなりますからねぇ。
師匠(と勝手に読んでいますが)のカーター師は
それでも同定していたのですから、驚異でした。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ