どうしても「生卵」を食べたい時は?

DSCN0002_20170302073711c78.jpg

今日は、遠路はるばる・・・
チャペルヒルのあるオレンジ・カウンティと
その南のチャタム・カウンティの境目に
ある、このお店にやってきました。

DSCN0005_20170302073711ae6.jpg

まあ、ここまではチャペルヒルなので、
店内はこんな感じにUNCターヒールズ!

DSCN0006_2017030207371120d.jpg

美味しそうなキッシュ・・・・

DSCN0003_20170302073710935.jpg

いえいえ、今日の目的はコレ。

アメリカ生卵を食べるのは、リスクがある・・・
といわれていますが、生卵で食中毒の
可能性を減らす方法は、大まかに2つ。

低温殺菌した=Pasteurized eggs。
USDA が認可した方法で低温殺菌された
殺菌(Pasteurized eggs)であればサルモ
ネラフリーであることが保証される。有名なのは
「Davidson's Pasteurized Shell Eggs」。

・・・まぁ、USDAでも生食は、積極的には
薦めていません。。。
ただ、明確に違うのは・・・・

DSCN0387_20170315123413446.jpg

↑これはごく普通のスーパーで売っている

DSCN0388_201703151234122bd.jpg

↑この部分に注目!
「Pasteurized eggs」と、これから述べる
「Pasture Raised Eggs」には、この警告が
ありません!!!

DSCN0389_2017031512341278b.jpg

「Pasture Raised Eggs」のパック。

DSCN0004_2017030207371064f.jpg

「Pasture Raised Eggs」
発音は似ているのだけれど、牧草地で
放牧して育てた鶏の・・というわけ。。
~何のこと??

卵の食中毒の原因は、サルモネラ
エンテリティディス(SE)。鶏の糞に触れる
ことによって、卵の殻につきますが、発症
するには10万個以上に増殖する必要が
あるといわれています。

鶏の糞が卵の殻に付くことが原因なら、
鶏が広い牧草でのびのび暮らしてると
卵と糞が接触する可能性がかなり低くなる・・
・・らしい。
卵産むときに、総排出口を通るのは、
どうしようもないんだけどね。。。

実際、卵の食中毒が多いアメリカでも
この「Pasture Raised Eggs」による食中毒は
一人も出ていないそうです。

抗生剤やワクチンを使う日本の鶏卵でも
食中毒は起きるのですから、これはすごい。

DSCN0009_20170302073738b40.jpg

日本鶏養協会のデータでは、日本での
汚染卵は1万個に3個くらいだそうです。
同時期のアメリカでの調査でも、同様の
結果だったといいますから、生産地時点
ではアメリカだからといって、特に危険と
いうことではないようです。

このサルモネラ菌、自然界にはごく普通に
存在し、乾燥などの環境変化に対しては
非常に強いのですが、熱には弱くて、
60℃以上で20分。75℃なら1分で死滅
するようですから、温泉卵にすれば安全
ってことになります。

いずれにしても、「生食」は卵に限らず、
「自己責任」で判断してください。
USDAも薦めてはいません。

DSCN0015_20170302073738e57.jpg

・・でも、やっぱり「卵かけごはん」ですね(笑)。
折角買ったのですもの。

この卵、日本の卵並みに黄色いです。
何故か・・・エサがコーンだとこういう黄身の
色になるんだとか。アメリカの卵の黄身が
薄い色なのは、飼料が小麦ベースが多い
ためらしい。


Carmel Market
1900 Mt Carmel Church Rd, Chapel Hill, NC 27517



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ