ビルトモア・エステート

DSCN0595_20161115123312044.jpg

アッシュビルで有名な観光名所といえば
誰もが第一に挙げる「ビルトモア・エステート」。

有名だけれど、民間企業なので入場料金が
高くて、敬遠していたのですが、クリスマス前の
この時期、オンラインだと安くなることを見つけて
早速購入(爆)。

鉄道王ウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルト
4男、ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世に
建てられたフランスのルネッサンス形式の大邸宅。

DSCN0493_20161115123340dab.jpg

アメリカ黄金時代の象徴」。
アメリカ最大の個人邸宅です。
最大時の面積は125,000エーカー。
ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世の
遺言により、一部を連邦政府に売却したものの
現在でも約8000エーカーの広さを維持して
いるそうです。

DSCN0545_20161115123339a00.jpg

・・・ですので、「城」ではありません。個人の家・・・
物の本では「荘園」と訳しているものが多いです。

ヴァンダービルト家自体がオランダ・ユトレヒトから
ニューヨークに来た農民の移民。
当初はニューヨークのハドソン川河口の島で
農園を営んでいた農民だったので、この地でも
森林の多面的な利用を目指したようです。

ちなみに「ヴァンダービルト」はオランダ語で、
「ビルト村の(何某)~」という意味で、農民で
あるヴァンダービルト家の人たちには、
苗字に村の名前を名乗っていたようです。

DSCN0518_20161115124035836.jpg

この季節なのでエントランスから入って
すぐのサンルームは、こんな具合・・・

DSCN0509_2016111512403491c.jpg

巨大なダイニング・ルームも・・・・

DSCN0526_20161115124034758.jpg

ファミリールームのマントルも・・・・

DSCN0528_20161115124034af2.jpg

ゲストの控室も、クリスマス・ツリーだらけ。。。
それにしても・・・全てが絵葉書になりそうな
眩さです!

屋内のツアーは大体1時間半ほどで
終わります。255部屋という大邸宅でも
公開している部分は一部です。

お次は、本当に広大な庭園へ・・・

DSCN0556_2016111512420314d.jpg

これが邸宅とは比べようもなく広い!
↑、オウチが遠い(笑)。。。
しかも、今日は山火事の煙で煙い!!
さらに11月で、寒い!!!

DSCN0588_2016111512420229c.jpg

整形ガーデンはほとんどが
土を見せています。
花が終わったところを抜いたまま。。。
この時期では、当たり前の光景か。。

これは絶対春の方がお得です!!

DSCN0586_20161115135254c89.jpg

・・・そして、一番奥に鎮座マシマシて
いるのが、

DSCN0566_20161115124202067.jpg

ウインターガーデン=大温室。

DSCN0582_20161115124202264.jpg

この温室、大きさもすごいのですが、
中身は、大きさにまして、ぎっちり押し
込んだ植物群!

DSCN0573_20161115124202d70.jpg

いくらなんでも、押し込み過ぎだろう!
っと思えるほどに密生しています。
ディスプレイ重視なのでしょう。
(↑は補助温室。スペースがあります)

DSCN0574_2016111512423840c.jpg

センスもいいし、結構よくディスプレイ
していますが、人の歩けるスペースは
わずかに一人分の幅しかありません。
(↑は補助温室。こっちはいくらかゆったり)

DSCN0567_201611151242455cb.jpg

入り口には豪華なクリスマス・リース。

庭園内にはここから数マイル離れて、
ワイナリーやレストラン村、牧場、
クリームリーを集めた「村」があります。

DSCN0644_2016111513525568b.jpg

さらに、乗馬トレール、バイク・トレールも
広大な丘陵地を縫うように設けられており
場内で数日間、飽きることなく時間を
過ごせるようにできています。
ホテルも2つあり!

DSCN0600_20161115135254685.jpg

・・・なるほど、高価な入場料金に
見合うだけの大人の時間を過ごす
楽しみは用意されているようです。

そして、ダメ押し!
きょう1日券で入場した人は、追加
$55でアニューアルパス=1年間券に
切り替えできます・・・という!!

1日券$75でプラス$55で年間無制限か!
って、思わず買ってしまった今日でした。。。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ