冬の畑。葉物野菜の現状。

DSCN0336_201611111311020d1.jpg

陽射しがだいぶ傾いた11月の畑です。

DSCN0300_201611111311018bd.jpg

新温室の中では、電源を引き込み、
ライズベッドに電熱線を埋設。
地温のセンサーを設置して、サーモ
スタッドで温度管理する予定。

DSCN0706_2016112912564576a.jpg

一応、今の状態で最高最低温度計を
置いて、どれくらい変動しているか見て
いますが・・・・・・
32℃~-1℃と、日較差大き過ぎ!!

DSCN0317_20161111131101a9e.jpg

外は、この冬すでに氷点下を何度か
記録していますが、平均すると15℃~
25℃程度で推移。
さすがに南部、穏やかな気温です。

DSCN0328_20161111131100afb.jpg

2週間目の「壬生菜」もゆっくり成長中。

DSCN0330_20161111131143b3d.jpg

ウチの畑のこの季節の代表銘柄、
「ミズナ」は4週間で、この大きさです。
ことしこそ「はりはり鍋」を期待!!

DSCN0333_20161111131143e38.jpg

「小松菜」は3週間目。
和食では汎用性が飛びぬけて高い
野菜ですが、アメリカでは影が薄い(笑)。
味が優しすぎるんだね。。。

DSCN0332_20161111131143522.jpg

その他、ほうれん草、かぶ、赤かぶ、
各種大根、ビーツ、スイスチャードや
他のマスタード類・・・・

おそらく年内中は問題なく成長
できるでしょう。年明け1月以降の
気温急落の対応が課題です。

今年は昨年使ったフロストカバーに
加えて、凍結対策に野菜の糖度アップを
考えています。
野菜の体液中の糖度を上げて、言わば
「不凍液」のようにしてしまおう・・・
というもの。

果たして、上手くいくものなのか??




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

現在アメリカ南部、
ノースカロライナから
世界各地に出没。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会ロンドン
本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、エンスーな収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス
所持。登録ナーセリー経営者。


コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないと判断した方の
コメントは削除し、コメント
主は出入り禁止にします。

英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ