シソ畑の整理。

DSC00699_20160831111017fe8.jpg

冬野菜のスペースを作るため、
先日、エダマメを撤去したウチの

DSC_0030_201608311110170a5.jpg

今日はいよいよ、今年ジャングルに
なってしまった「シソ」を刈り取ります。

DSC_0050.jpg

先日のエダマメの除去跡地・・・
こんな風にきれいになってくれれば
いいのですが・・・

DSC_0040_20160831112453b6a.jpg

現状はこんな状態です。
エダマメと違って、シソは表土をがっちり
掴んでいるので、簡単には引き抜けません。
根元を切ってしまうのが一番早い。

DSCN0029_20160831111917f56.jpg

シソの葉がもったいなく思えますが
密植状態なので、1本ごとの葉は成長不良で
小さく、刻んで薬味以外にはあまり利用でき
そうにはありません。

切った枝葉は、↑こうして「草マルチ」ならぬ
シソマルチ」で役立ってもらうことにして…・・・

DSCN0026_201608311114123ce.jpg

まだまだ、炎天下のノースカロライナ
昼にはやっぱり40℃近くまで上がりました。
文字通り「滝汗」の作業は4時間ほど・・・

2枚目の写真に比べて、明らかに「視界」が
開けました!!

すっきりしたのはいいけれど、オレンジ
粘土が目に痛い~(笑)。

DSCN0036_20160831111412659.jpg

これで冬野菜のスペースは確保できた
けれど・・・
やっぱり問題はこの粘土
植え付け前に何とかしたいものです。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ