FC2ブログ

スペイン・マドリッドのお食事

DSCN3609.jpg

朝食に見えますか?
実は、夜のお酒の席での前菜です。
目玉焼きにベーコンにフライドポテト。
回りの席の人たちも、皆うれしそうに同じ前菜を
細かく切ってまぜまぜして、つまみにしています。
もちろん、これが全てと言うわけではなくて。。。
DSCN3610.jpg

アルカチョファス(アーティチョーク)とハンバーグのようなもの。
DSCN3611.jpg

イベリコ豚のハム。生ハムはハモンですね。
メロンの上に乗っています。
DSCN3612.jpg

私としては、こちらの方が気に入ってしまいましたが。。
魚の塩漬け4種。メロンに乗っています。

マドリッドで食べたお料理(ここのお料理のごくごく一部では
あるのでしょうけれど)の感想としては、全般に塩分が
強いように思います。日本人の食事並でしょうか。

普段カリフォルニアという、アメリカでも健康志向の
強い地域に住んでいるせいもあります。
アメリカの特に白人は、塩分に敏感ですぐに血圧が
上がります。この為に料理の塩分は最小限。
塩味を感じることは、ほとんどありません。
食べる時に、必要な人は塩・胡椒をかけるのです。

健康管理自己管理のひとつで、自己管理
できない人は職を失います。病気になるのは
その人の責任です。
美味しい食事よりも社会的成功です。
アメリカでの成功は単純に金銭です。
まず、「財」がなければ何もできない、という考え方です。
そして、金があれば何でも手に入るのがアメリカだと
思っています。
ですから、朝早くから夜遅くまで素晴しく働きます。
そして健康も維持しています。

ここの人たちは違うようです。
不味い食事を食べるくらいなら、人生止めた方が良いと
言っている人がずいぶん居ました。
朝はゆっくり、昼食はたっぷり食べて、午後はシェスタ。
夕方からちょっと働いて、夜の9時からディナー。
深夜になってバスで帰宅みたいな生活です。
(なんと市バスも深夜運行しています。)
朝早く起きたり、夕方まだ明るいうちからの夕食は
「ニワトリのような生活」といって、軽蔑されます。
生活パターンはずいぶん違います。
プロヴァンスのパターンに近いかもしれません。

ここの人たちは、イカやタコ、米も食べますし、塩蔵した魚、
保存食もかなり利用しているようです。
料理の味や素材には、親近感が湧きます。
DSCN3613.jpg

マドリッド・バラハス空港の最も新しいターミナルです。
ステンレスの芸術品のようです。
ここから、次の訪問地へ向かいます。
DSCN3617.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

おおおおぉぉぉぉぉ~~~~♪
親近感沸きすぎデス♪

いいなあ~~移住しようかしら?(笑)

応援ぽち!v-22

Trifolium repens さんへ

永住権取得は、比較的楽なようですよ。
ただし、オリーブオイルに強くないと胃腸が持たないかも。。
それで断念して帰国した人たちを知っています。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ