FC2ブログ

Real Jardin Botanico

DSCN3274.jpg

プラド美術館の南に並んでいるのが、この王立植物園です。
美術館の出口、ムリーリョ門に向かいあってこの入り口があります。
DSCN3275.jpg

スペイン語は分かりませんねぇ。。。
フランスでもGardenがJardinでしたので、これはBotanical Garden
でしょう・・。
DSCN3281.jpg

2ユーロ払って、中に入るとすぐショップがあります。
DSCN3303.jpg

区画はボックスウッドで明確に仕切られていますが、大きな木が
多いです。面積は決して広い方ではありません。
収容されている植物は3万種以上とのことですから、密植状態に
近いですね。
DSCN3300.jpg

日中の陽射しを避けるには、よい林です。
実際、多く設置されているベンチで昼食をとったり、
お昼寝をしている人たちが多いです。
DSCN3302.jpg

奥の方にパビリオンがあるのですが、ちょうど修復工事中でした。
DSCN3311.jpg

園内には、ボダイジュが多いです。今は開花の時。
風がそよぐとむ、良い香りが流れてきます。
DSCN3313.jpg

アジサイかな?と思ったのですが、葉がギザギザです。
DSCN3325.jpg

ハーブガーデン区画。品種ごとに仕切られています。
タイムならボックスウッドに囲まれた中にタイムの品種が
何種類か植えられています。
サリエット(セイボリー)もありましたが、ローズマリー(ロメロ)は
立性と匍匐性の2種類だけ。ラベンダーもスパイクのみ。
タイムの品種が多く、セイボリーも何種類かあるにの較べて
ローズマリーラベンダーには興味がないのかもしれません。
DSCN3342.jpg

通路の真ん中にある丸いものは、ファウンテンです。
3ブロックごと位に設置されて、水を噴出しています。
贅を尽くして創られた植物園です。
でも、いつも誰かに見られているように感じられる所です。
DSCN3298.jpg



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ