初めての投票・・・・・

DSCN0434_20160314235555504.jpg

立憲君主制国家から民主共和制国家に
来て、初めての投票にいきました。
民主主義では、義務ですからね(笑)。

会場の図書館前には、今回の選挙
択ばれたい人たちのプラカードの列。。。

アジアのどこかの国みたいに、街中や
住宅地を無遠慮にも、騒音を撒き散らす
ような迷惑なことは全くしない。
そんなことをしたら、一発で警察行き
でしょう。。
だから、国家元首を決める選挙であろう
とも、とても静か・・・・

まァ、アジアのある国では、国家元首は
男子のみの世襲制だし、国政担当代表も
密室で択ばれるのに「民主主義」って
言っているし、所詮「アジア」の国だね。

DSCN0438_201603142355557bd.jpg

なんか、見たことがあるような人たちも・・・・
州知事や教育委員会の委員の選挙
一緒に投票します。

DSCN0369_20160314114937533.jpg

投票の列は長くて、受付まで20分ほど
待ちました。これはまだマシな方で、
後ろを見たら、さらに長くなっていた!

待っている間に、駐車場にいた人に貰った
投票用紙の書き方・・・みたいな紙を
眺めていた。
これを配っていた人はデモクラッツらしい。
大統領候補がバーニー・サンダースか、
ヒラリー・クリントン・・・となっている。
それしか、いない訳ないよね!!

DSCN0372_20160314114937f16.jpg

受付で、IDをチェックしたら、自分が
支持する政党を選択します・・・と
いっても、3択だけ。
リパブリカン、デモクラッツ、インデペンデンス。
まあ、確かに選択肢はコレしかありません。

支持政党を択ぶと、その政党から立候補
している人たちの名前を記した投票用紙が
渡されますので、ブースに入って
マークシートを塗り潰します。

記入が終わったら、プリンターのような、
マークシートの読み取り機に入れて、
読み取らせて、終了です。
データで保存されれば、偽投票用紙で
水増し不正・・・なんてことは起こらない、
というわけです。

結局きょう択んだのは10人くらいか・・・
ということは、大統領から州知事、各種
委員会役員まで、いっぺんに選挙してしまう
わけ・・・ある意味、効率的ではある。
アメリカでは、選挙は火曜日のみです。

DSCN0454_201603142355552c6.jpg

季節はもう春。。。
6月には、各政党の大統領候補が出揃い、
11月には、誰かに決まります。

この8年間はほんと惨かった。
票が欲しいばかりに、税金払わない人たちを
優遇し、払える人たちからはドンドン搾り
取ろうとする政策の目白押し。
保険料は上るし、住宅ローンは制限されるで、
所得のある人にはいいことがなかった。

外には弱腰。ロシアも中国もこの機に
乗じて大暴れ。イスラム国台頭もタリバンの
活躍も、この人の決断力と無策の賜物です。

暗殺部隊は派遣しても、軍は動かせない
んだね、この人は・・・・

この8年間の「内弁慶、外ミソ」みたいな、
浪費家で、公約破りまくりの嘘つき
弁護士よりは、実践力のある方になって
欲しいものです。






お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま

こんにちは。
欧米の先進国は、大抵二重国籍を認めていますが、
アジアの後進国では、認められていません。
市民権をを得るという事は、元の国からは逆賊の
扱いを受けますので、慎重にご検討ください。
ただし、この寛大な国に長年暮らしてきて、住民として
相応の責任を果たしたいと考えるなら、取るべきだと
思います。逆に、グリーンカード・ホルダーなどの
外国人の人権は制限されても、仕方がありません。
国民ではないので、保護する理由がありません。

日本の植物については、これからもブログの記事に
載せていきます。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ