FC2ブログ

曇りの日



昨日の好天から一転して、曇り空です。
こんな日には、プール管理やの見回りが日課になっています。
ハーブガーデンの片隅には、貴重なミョウガがあるのですが、
最近、葉に奇妙な食べ後があります。
キャタピラーかな、とも思ったのですが、何かおかしい。。
DSCN3077.jpg

思わず、こいつかぁ!!。。こいつならば、日中は滅多に見つかりません。
早朝のスプリンクラーで銀色の足跡を消していたようです。
ここのような乾燥地でも、芝生やガーデンにはスプリンクラーの
灌水がありますので、こういった湿度が不可欠の動物も
繁殖できるわけです。
おまけに、こいつ等は雌雄同体、繁殖力は爆発的です。
DSCN3072.jpg

ホームデポに走っていって買ったのはこれ。
ナメクジ対策の定番、メタアルデヒド製剤。
これをばら撒いて様子をみます。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

ナメクジ

砂漠地帯にもいるのですね!!
うちもこれからナメクジ対策をしなければ
いけないのですが、
何となく薬をまくのが嫌なので、
バナナの皮を夜、数箇所に置こうかしらと
思ったり…(昔両親がしていたので)。
この製剤はヴェジタブルにもOKとありますね。
私も買っておいた方がいいのかしら。
我がガーデンでの最も大きな被害のモトは、
ビートルズなのですけどね(涙)。

NoTitle

どーも、s-nobです。
昨日同僚が「そういえば最近カタツムリやナメクジって見ないよな」なんて言ってましたが、私はそうは思わないんですよね。
園芸に興味が無い人は1匹2匹みた所で「少ない」という感想なんでしょうが、こっちはそうもいきませんものね(^o^;
1匹見付ける家中にいるような気になるゴキブリと同じ理論ですね(笑)

NoTitle

はじめましてご訪問ありがとうございます。EMIKOと申します。とても力強いカリフォルニアの風を感じました。
またよろしかったらおいで下さい。(^^)

NoTitle

ひとあめ降るとどこからかわいて出てきますよね。
ナメの種でもあるのか?!というくらいです。
うちの店では気がついたときに鉢植えの裏を見たりポット苗ならポットからぬいてぐるりをチェックしています。持っている所にいたりすると「ぎぇ!!」と一人で叫んだりして。
社長には見つけたら採って向かいの道路(結構大通りです)に「ぴっ」てしてこいって言われました・・・。ふふふ。
今日もインパチェンスのポット苗チェックしてきました・・・ふふふ。
お庭の地植えだとナメ以外の虫は、大変ですね。

NoTitle

ムムムム....
敵:ナメクジ部隊を発見!!
攻撃用意!! てー!!v-42

乾燥地での繁殖って、すごいですよね。
最初のヤツが すごいです

応援ポチ!X8v-22

tea さんへ

ここは、乾燥地なんですけど芝生にスプリンクラーが
標準装備の地域なので、生活には困らないのでしょうね。
むしろ植物の方が、アルカリ土壌と塩類のために気を使わな
ければなりません。
自然を歪めて作った環境ですからね。

s-nob さま、こんにちは。

興味のない方には目にする機会の少ない動物ですね。
なにしろ、日陰の湿っぽいところに隠れている夜行性生物です。
繁殖適期になると、雌雄同体をよいことに爆発的に増えますね。
鉢の下に、佃煮が作れるほど密着していたりして。。。。
こういう動物ほど、虐殺するのが難しいです。
困ったものです。。。

EMIKO.J さま

こんにちは。
紫陽花の花にかたつむり、なら良かったのですが、
残念ながら、ナメクジネタでした。
南カリフォルニアにはいないと思ったのですが、
人間の住める所にはこういった輩は必ず付いて
きますね。
これに懲りず、また遊びにきてください。

ミカヱルルさまへ

銅イオンが嫌いらしいので、ボルドー液でも薄めて撒いて
おいたら良いのかもしれませんね。
うちは、地植えなので難しいのですが、鉢植えで被害に
遭われている方には使えるかもしれません。
日本のホームセンターでも、まだ置いてあったと思います。
ざぁっと鉢を並べている棚に撒いておけば、いやがって
上って来ないのでは?

Trifolium repens さんへ

こんにちは。
たぶん、最初のヤツは人が持ち込んだのです。
芝生かなんかと一緒にもってきたのでしょうね。
後はこれの爆発的繁殖力としぶとさで増えていった
のでしょう。
私のコレクションたちにも、これの半分でも強さが
欲しいですね。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ