Nathaniel Russell House、チャールストン

DSCN1549_20151202115213a55.jpg

ナサニエル ラッセル邸
ロードアイランド州出身の貿易商、ナサニエル ラッセルが
1806年に建てた邸宅です。

DSCN1550.jpg

チャールストン髄一のエレガントな建物として
人気があるそうです。

DSCN1551.jpg

入ってすぐの車回し・・・否、馬車回し(笑)。
1806年ですものね!

DSCN1554_20151202115212052.jpg

今は建物自体がミュージーアムなので、
チケットオフィスでツアーを申込み、
建物内部はガイドツアーで、周ります。

写真撮影は禁止。。。

DSCN1562.jpg

1から2階はガイドに説明されつつ、
見れますが、3回は未改修ということで、
見学なし。
↑は、母屋に続くキッチン。当時は
奴隷がここで調理していたのです。

DSCN1560.jpg

勝手口のすぐ外には、ハーブガーデン。
カルナリー・ハーブが揃っています。

DSCN1564_20151202115257fd8.jpg

当時キッチンだったところは、今は
チケットオフィスとおみやげ物屋さん・・・・



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ