McCormick & Schmick's Fresh Seafood

<DSCN0200_201508081057118c2.jpg


「McCormick & Schmick's Fresh Seafood」

アメリカ中に店舗展開している有名なチェーン店
ですが、ボストンの時に入ったお店は、いまひとつ
ピンときたものなし。

ノースカロライナローリーにも、このレストランが
あるのを見つけて、出掛けてきました。
前回からはかなり時間も経っているし、少しは
改善されたかも・・・・・・っと。

DSCN0205_20150808105706e9c.jpg

お店は大きなモールの一角にあります。

そこそこのお店ですから、店内は綺麗です。
ランチタイムでも、中はガラガラ・・・・・
平日のランチタイムは、まあ、こんなものか。。。

DSCN0203_201508081057015e9.jpg

全国チェーンだと、ローカルは望むべくもなく・・・・・・・
「ノバスコシア産の生牡蠣」
1個$3以上する!!確かにおいしいけれど。。。

DSCN0209_20150808105650a5e.jpg

「ムール貝」・・・・まあ、普通においしいです。

DSCN0210_201508081056407fe.jpg

「ソードフィッシュのグリル」
カジキですが、もうちょっと何とかならないのか???
と、いつも思ってしまう、惜しいお料理。

DSCN0212_20150808105933168.jpg

↑なんのお料理?・・・と、一瞬思ってしまう、
「エビのフライ」。マッシュド・スイートポテトが
多すぎないか?

全体に、アメリカン基準で、不味くはないのです。
ノバスコシアの牡蠣などは、間違いなくおいしい。
でも・・・・・↑4品で$100を越えられてしまうと
どうでしょう?
もちろん、レストランの格式・・・という問題が
ありますがココは当らないと思う。
ローカルで美味しいお店がたくさんあるノース
カロライナですから、こういうお店はギフトカードを
いただいたら、利用することにいたしましょう。

ちょっと、残念賞。。。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ