FC2ブログ

NCマスターガーデナー・クラス・スタート

DSCN0323_201501151323240b1.jpg

ノースカロライナ・ダーラムのダウンタウン。
オールドダーラムの入り口に、「それ」はあります。

DSCN0327_20150115132325cc2.jpg

「ダーラム・カウンティ、農業ビル」
ここがダーラムのマスターガーデナーの巣窟・・・・
いえいえ、本拠地です。

資格で「ハーブ園芸」だよ・・・・なんていう事は言いたくない。
でも、日本みたいに、お金で買える私的資格では意味が無い。
・・・・・ので、やっぱり公的資格はとっておかなければなりません。
たとえ拙いブログ主でも、それくらいはやらなければ、ネ。。。。

州が変わると、とり直さなければいけないのが
マスターガーデナー」。

アメリカで州が変わるということは、国が変わるということ。
日本の「県」ではないのです。
当然、各種法律・規制も変わるので、薬事や農業関連法など、
それまでの知識は役に立ちません。
単に自然環境が変わるだけではないのです。

昨年、中西部のインディアナ州からノースカロライナ
引っ越したので、マスターガーデナーも再スタートです。

DSCN0325_20150115132325394.jpg

インディアナでは、初年度に一気に100時間のボランティア・アワーを
消化して、マスターガーデナーからアドバンスドマスターガーデナー
までなりましたので、そのままいれば今年は間違いなく
ブロンズ・バッジ~うまくいけばシルバー・バッジに手が届く!
・・・・なんて、獲らぬ狸の皮算用・・・だったのですが。。。。(涙)

英語での講義もテストも問題ではありません。
ボランティアのテレフォンセンター「ご相談係り」が、厄介ですが・・・・
これは全員必修なので、必ずやらねばなりません。
英会話ができない人はここでアウト。。。。

マスターガーデナーという制度は、どうも北の寒い地方・・・・
植物栽培にとって、厳しい環境の方が活動が
盛んなようで、インディアナでは毎年クラスが開催されますが、
南部では隔年の募集です。
これは、以前住んでいたサンディエゴも同様。

DSCN0324.jpg

今回のセッション、集まったのは30人ほど。
なんとこじんまりしたマスターガーデナー・クラス!!
インディアナでは、130人クラスが同時に2クラス、スタート。
260人が毎年卒業しているというのに!
これでは1年当り15人です!

もっとも、その代わり・・・というか、貴重なインターンを
抱え込むためか・・・・
なんと、候補生一人ひとりに一人ずつメンターが
つくという!

まッ、人が少ないということは、お互いの関わりが
濃くなることですから、考えようによっては、面白い
セッションになるかもね。。。

初めての暖かい地方のマスターガーデナー。
果たして、どんなことになりますか???

DSCN0339_201501161416599d3.jpg

きょうは、アメリカで1月15日。
日本なら、小正月。邪気を払い一年の健康を願って
小豆粥を食べる「望粥」=もちがゆです。
元ネタは中国の1月15日の「豆粥」が伝わったものです。
ほんとは朝に食べるのが慣わしですが、きょうは夕餉が
小豆粥」になりました。。。。


お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ↓ポチっと。。。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
本当に州によって、マスターガ―デナ―の資格方法って異なるのですね。
しかし候補生1人1人にメンタ―がつくってすごいですね!それほど貴重なマスターガ―デナ―ってことなのかしら?州の中で郡ごとにマスターガ―デナ―のクラスが開催されるわけでもないのですね。ということは、全州で今回はたった30人ってことですか??

南部なまりの電話カウンセラーだなんて私だったら無理そう~(笑)。

wilmslowさま

こんにちは。
いえいえ、マスターガーデナー・クラスは、各カウンティごとに開催されています。
ただし、全てのカウンティにあるわけではありません。
ですから、インディアナポリスは巨大な市なので、複数の郡があり、その一つでも
1年に260人でしたが、ここダーラムでは郡は一つで、2年で30人=15人/年という
ことなのです。
南部なまり、私も聞き取れません(笑)。アレはズーズー弁です。。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ