ENOリバー・パーク

DSCN0015.jpg

ダーラムのダウンタウンからは、ちょっと西側になります。
広大な公園地区のエノ・リバー・パークに行って見ました。

DSCN0022_201411140342290f8.jpg

入り口のインフォメーションセンターを過ぎてすぐ、古い家屋が
保存してあります。中には入れませんが、ときどき、
現在のオーナーがこの建物の由来をプリントした紙を持って
近くにいます。観光客を見つけると、色々説明してくれます(笑)。
なんといっても、最近まで住んでいた自分の家なのです。

DSCN0024_201411140342299f0.jpg

上の家からすぐの川のふち。
駐車場から近いこともあって、ちょうど良い散歩コースになっています。
犬の散歩から、子供連れまで・・・・

DSCN0035_201411140342281d0.jpg

冬の光景とは、とても思えません。
小春日和の一日・・・・・・といった光景です。

DSCN0039.jpg

子供たちも元気で・・・・はだしで川に入ってきます!!

DSCN0037_2014111403425926a.jpg

面白いのは、この川周辺の土。
ダーラムの広い地域で見られる「赤い粘土」ではありません。
普通に黄土色の土。。。。
川の堆積のせいなのでしょうか?羨ましい土の色です。

DSCN0023.jpg

河原」の周りは、クルミの木。。。。
たくさん生えています。丸い実が爆弾のように落ちていますが、
胡桃拾いする人は全く見られません。珍しくも無いのか?
中身を出すのが面倒なのか。。。。。

そういえば、この辺ではクルミ同様にピーカン・ナッツが採れます。
そっちの方が剥き易いですからね。敢えてクルミに手を出すことも
ないのかもしれません。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ↓ポチっと。。。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ