加湿挿し木用ミニ温室

DSCN0295_20141212030349d28.jpg

お天気になったノースカロライナダーラム
こうなると気温は一気に上がります

DSCN0293_20141212030349f92.jpg

冬とは思えぬこの気温!16℃・・・・暖かいです。
もっともアメリカ南部といっても、こういう気温は長続きしないのです。
毎週1~2日は、雨。氷点下の日も2日ほどあって、持ち直すと
このような気温の「小春日和」ということになります。
俗に言う「インディアン・サマー」のような高気温には恵まれません。



サンルームに、簡易温室を用意しました。
屋内は一定の室温・・・今は20℃に設定していますので
この温度を活かさないわけにはいきません(笑)。

DSCN0122_201412120303491b8.jpg

今は、発芽専用。。。。。

DSCN0121_20141212030349ba6.jpg

ここで発芽したら、徒長する前に外の温室に移動。
寒さを感じさせて、ずんぐりな苗になってもらいます。

今現在はこんなところですが、近日中には西海岸から
ローズマリーラベンダー苗が届く予定。
そうなれば、ここは挿し木専用苗床・・・になるでしょう。

なにしろ挿し木に最適の温度は20℃。
特に、発根部分=土の中の温度を20℃に保つことが
効率よく発根を促すといわれています。
ここに置いておけば、家の暖房が停止しない限り
温度は20℃に保たれるはずです。

わざわざ、20℃の屋内なのにビニール温室なのは
冬の屋内暖房は極端に乾燥するため。
乾燥した空気を遮断するためです。
挿し穂は、根がないので十分に加湿していないと
あっという間にドライフラワーになってしまいます。
これは以前、インディアナで経験済み。
ビニールの中は加湿。加温は部屋ごとの「湯煎」状態。。。

苗の到着が待ち遠しい、今日この頃です(笑)。。。。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ↓ポチっと。。。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
なるほど~と思いながら記事を読ませていただきました。
陽射しがたっぷりとあたって、気持ちのよさそうなサンルーム。
こちらシアトル、毎日曇りか雨なので、本当にうらやましい限りです(笑)
外からとりこんだ植物もできるだけ窓辺においてあるのですが、日照が足りていません(外でも足りませんが、笑)。

もしよろしければリンクさせていただきたいのですが、いかがでしょうか?

wilmslowさま

こんにちは。参考になれば幸いです。
リンクの件、有難うございます。よろしくお願いいたします。
こちらからも、張らせていただきます。

ワシントン州は向かい側のBC・ビクトリア共々よく訪問するところです。
ほとんどは、シアトルよりもセクイムですけどね(笑)。
今の季節は、西海岸の北側は雨が多くていやな季節ですものね。
お察しいたします。
これからも、是非遊びに来てくださいね。

No title

リンクの件、ありがとうございます。
早速リンクさせていただきました♪

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

No title

暖かい陽気がうらやましいです。こちらは、去年と比べて、初雪は早かったもののそれほど寒くなく過ごし易いです。

小さな温室いいですね。我が家は室温は温かいものの、なかなか成長しないです。徒長気味になってしまいますが、鍋物用に葉物を育ててます。アメリカでも買えるものですか?

wilmslowさま

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

早速、リンクさせていただきました!

Sarahさま

こんにちは。
さすがに南部は暖かいです(笑)。
中西部も今のところは大丈夫・・・なのですね。
でも、先の寒波は今年の2月でしたから、まだ油断できませんね。

この「携帯温室」は、中西部のDIYショップMenardsで買いました。
いつもシーズンオフには、特売しています。確か、$20でした。
ホームデポでもあると思いますが、季節商品なので。。。
この他、Menardsでは,季節はずれに「発芽マット」も半額以下の
$10で売っていました。この値段なら、一枚あると便利。
春の苗作りが短時間でできますよ。

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ