FC2ブログ

Myouga



の一番陽射しの当らないところに鎮座しているのが「茗荷」です。
本来、熱帯原産の植物ですから高温には強いようなのですが、
育成には湿度が必要。思い出せば日本ではたいてい木の下とか
なんとなく湿っぽいところに群生していたように思います。
ここでは、どこでも乾燥状態なのですが、とにかく日陰が
一番適当だろうとの中でも日当たりが遅い場所に植えて
みました。実にスプリンクラーの配管の上です。
DSCN2678.jpg

地下茎で増えていくので、芽だしは早いですが、この後の
成長が問題ですね。なにしろ収穫するのは花の部分です。
日本でも2~3月頃に植え込みし、6月頃に収穫のパターンだったと
思います。この乾燥地ではこれでも不安なので、さらに
バークマルチで覆う予定です。
DSCN2679.jpg

太陽いっぱいで元気なのは、ミズナ。もう雑草化してきています。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

気温が高そうなので水菜をお鍋にするのはつらそうですね・・・

ミカヱルルさまへ

平常では気温はそれほど上がらないのですよ。
真夏でも25℃が高い方で、23から24℃程度でしょうか。
突然、内陸からの乾燥した暑い風が吹くと、
昨年のような山火事になります。
水菜はおもにサラダ用ですね。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ