アメリカで家を建てる・ついに引渡し完了!!



「夢のアメリカ南部暮らし・ノースカロライナの家」
ついに引渡し=クロージングです。

朝7時・・・・
物件の最終確認のため、不動産屋さん(リアルター)と
現地に集合。建築業者の担当者から、要修理箇所の完了報告を
受け、実際に全ての指摘箇所を確認します。

DSCN3722.jpg

この時までに、前面道路の歩道部分も工事完了。
ここは、コミュニティの管理なので、ウチには関係ないが
ガレージのすぐ前です。

修理箇所の確認に1時間半ほど。

8時半すぎ・・・・・
即、リアルターの車に乗り込んで、30分ほど離れた不動産登記の
弁護士のオフィスへ直行!!

9時・・・・・
約束の時間に弁護士と会います。登記内容の説明とサインアップ。
不動産専門の弁護士さんで、かなり手慣れた方。
ここで、銀行住宅ローンの書類に署名します。

日本住宅ローンと違って、銀行からの資金は前日の昨日、
朝、すでに我々の口座に振り込まれていて、昨日のうちに
弁護士事務所の指定口座=エスクローに住宅代金+
弁護士手数料ともども振り込んでいます。

この辺りの手順は、日本住宅ローンの流れとは、全く違います。
日本なら、書類が完全に出来ていて、登記が終わらなければ
銀行からの融資金は出せませんので登記変更、質権or抵当権設定、
融資の実行、顧客口座へ融資金の入金、顧客から不動産会社への
購入代金の決済(振込み)・・・・・・のすべてを同日に行います。
事前に準備できるのは、抵当権設定依頼書や不動産購入契約書、
司法書士への登記設定関係書類・・・程度でしょう。


10時・・・・・
説明も澱みなくスムーズに進んで、1時間。。。
アメリカの事務処理としては、かなり早い方です。

ちなみに私たちの経験では、弁護士が仲介したのは、
ここノースカロライナとコネチカットだけです。
インディアナでは、デベロッパーのオフィスで手続き完了。
カリフォルニアでは、住宅ローンの書類も含めて、バイヤー・セラー
どちら側にもつかない中立組織の「エスクロー会社」に、
銀行ローンの申し込み書類を含めて、全ての書類と資金を
持ち込み、手続きを仲介してもらいます。

全てのサインが完了し、記入漏れがないかどうかを弁護士が
確認したら、ここでやっと完了です。
「ウェルカム トウ ノースカロライナ!!」となって、弁護士さんとハグ(笑)。
(しかし・・・なんで弁護士さんたちは、皆さん恰幅がよいのかしらん)
新居のま新しい「鍵」を手渡されます。

この鍵、一度家の鍵穴に指し込んだ瞬間から、デベロッパーの
持っているマスターキィからこの鍵に切り替わります。
これで初めて、家の鍵がすべて我々のものになる!

バイヤー側のリアルターには、ここで初めて成功報酬の小切手が
手渡されます(ほんと、今までで一番の笑顔が見られました!)。

なんと、朝の4時間で全ての手続きが完了。。。。
まだお昼には1時間も余裕があります!

この後、我々はいままで2ヶ月間住んだアパートから、手元の荷物を
新居にピストン輸送・・・・

DSCN0035.jpg

翌日の朝8時には、ムーバーさん(引越し屋さん)たちが、
トレーラーで押し寄せ・・・・

DSCN0037.jpg

とにかく荷物を降ろしていきます。

DSCN0040.jpg

翌々日には、アンパッキングの担当者が、荷解きとダンボール箱の
回収にやってきます。
なにしろ、アメリカ引越し業者は、箱の中のクッションにも
ものすごい量の「紙」を使っています。アメリカでの引越しも、
はじめのうちはアンパッキングも紙の回収もありませんでしたが、
最近は環境問題のせいか、引越しパックの中に必ず付いてきます。

でも、この人たちはアンパッキングだけ。。。。
ここまでが、引越し業者の「マーク」が付いています。

洗濯機・乾燥機の取り付け、温室の組み立て、ガレージ・シェルフの
組み立ては、それぞれ別のテクニシャンがそれぞれ別の日に来て
作業するという・・・・・・
3rd パーティの会社・・といえば聞こえはいいけど、要は安い
下請けのハンディマンを手配しているだけのようです。
こういうところは、平気で○投げする大手企業。。。。
それも、効率化の一環なんでしょうけどね。。。

一体、引越し完了まで何日かかることやら・・・・・(怒)

DSCN0041_20140817061952a3b.jpg

いつものことですが・・・・引越しで壊れたものは、別途保険会社に
請求手続きをしなければなりません。
保険会社の調査員が確認に来るのは・・・・・・1ヵ月後かな???



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ↓ポチっと。。。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村

アメリカ南部情報ランキング

掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ