FC2ブログ

アメリカで新築・フロアリング完了。



アメリカで住宅新築。
カスタムハウスも、細かな仕上げの段階に入りました。

DSCN2655.jpg

巨大なガス暖房送風機。
送風は、床下=土に向かって行われます!?。

インディアナでもコネチカットでも、ファーネスだけだったので、これは驚き!
ちなみに、この家のファーネスは、屋根裏=アチックに別にあります。
これは家の「乾燥機」なのか???
南部のノースカロライナで、こんな大きな暖房機が必要なのだろうか??
左手に写っている小さいのが冷房の熱交換器。。。。
こっちの方が大きな器械が必要なんじゃあないでしょうか?

DSCN2679_20140713111000355.jpg

この家にも、暖炉=ファイヤープレイスがありますが・・・・
煙突=チムニーはありません。代わりにこれ↓。。。。

DSCN2659_20140713105717eab.jpg

暖炉の外に即、排気。。。。。寒い地方の重装備を知ってしまうと、
これってきっと格好だけの張りぼて。。。。
「なんだかなァ~」。。。。。
コネチカットでは、暖炉は実用品でした。。。
暖炉だけでは、インディアナの冬には太刀打ちできませんが。。。

DSCN2681.jpg

ネコ対策で、一・二階とも床はハードウッドにカスタム。
フロアリングは完了しているので、床面が傷つかないように、
カバーされています。

DSCN2669.jpg

キッチンも床はハードウッド。
キッチンのアプライアンス・・・・ダブルオーブン、ヒートトップ、
レンジフードも取り付けが終わりました。
アイランドの上には、ペンダント3灯。。。

レンジフードの位置がインディアナの家より高いです。
この位置だと、レンジのバックスプラッシュが低過ぎるように
感じます。同じ柄のガラスタイルをとっておいて貰えるように、
リクエストしなければ・・・・

こんな広いキッチン、日本ではまずないでしょうね。
ここでは、このサイズが標準的なスペースですが、それも
最近のこと。。。アメリカの住宅でも、オープンプランなんて、
人気がでてきたのは、ごく最近ですから。。。
その証拠に、カリフォルニアの50年前の家のキッチンは
キッチン+ヌーク+ダイニングを一つに合体させたのに、
とっても狭いです。
しかし・・・・視覚的に広いことと、作業スペースが
「ある」ということはイコールではないのです・・・・・・

DSCN2686_20140713105753643.jpg

バスルームの床タイルも完成。
これも今の流行で、シャワーとバスタブが別ですが、
普通は、タブとシャワーは一体が多いです。

DSCN2685.jpg

反対側は、お約束のダブル・シンク。
バスルームの奥行に合わせているので、異様に長い・・・・
まっ、その方が引き出しが多くて、収容スペースが増えますが。。。。

DSCN2677.jpg

真ん中のシンクが小さく見えます(笑)。
これでも、一槽式フルサイズ・・・・なので、最大級。
このアイランド、変形ですが、周りに5人座れます。
これだけ大きなアイランドでも、作業スペースは扇の
「根元」の部分だけです。狭い(笑)。。。

問題は、メインの冷蔵庫が新型の大型になる予定なので、
収容スペースがギリギリになること。
いままでのフレンチドアなら、楽に入るのですけどね。。。
今回は、ダブル・フレンチ入れたいので・・・・・・・

キッチン・アプライアンスは求めればどんどん肥大化するのが
悩みの種です。。。。

まったく「欲望大王」だわ。。。。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ↓ポチっと。。。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村

アメリカ南部情報ランキング

掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお!素敵なおうち完成待ち遠しいですね!
アメリカで自分の家を建てられるなら日本式外で洗えるお風呂がいいね~なんてよく話しますが、やっぱりそれは難しいですよね。

fcyoshikoさま

こんにちは。ありがとうございます。
洗い場つきのお風呂・・・浴室ですか?さすがにそれは、
構造上できないでしょう。
カリフォルニアのデザート・ホット・スプリングスの
「山崎温泉」さんの客室は、そのようになっていました。
西海岸には、日本式の浴室を作ってくれる業者さんがいますが、
東海岸ではね。。。

No title

こんにちは~♪

徐々に内外装が出来てきましたね。
それにしても、巨大な床下ガス暖房送風機ですね。
床下を完全防水・防湿すれば好い訳で、こんな大きさのが本当に必要なのかと思ってしまいました。

わいわいさま

こんにちは。
ここの建て方は、西海岸、ニューイングランド、インディアナと全く違いますね。
インディアナやカリフォルニアは、土の上に砂利を敷いて、その上を
コンクリートで完全に覆っていましたが、ここは言わば「高床式」。
地面から1mほどコンクリートブロックで持ち上げた上に、床を張っています。
床下の土の表面は、ビニールで覆われてしまいます。
そういえば、昔の日本家屋も畳の下は、風通し良く空間があって、
すぐ土でしたものね。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ